保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

【2022年度版】12月の指導計画(月案)<5歳児・保育園>

新 幼児と保育
掲載日:2022/12/01
【2022年度版】12月の指導計画(月案)<5歳児・保育園>

保育園の12月の月案指導計画(月案)、5歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2022年秋号ふろく「2022年度版 指導計画」よりお届けします。

2022年8月1日より、ほいくる会員機能のご利用時には小学館IDが必要になりました。
ダウンロードをご利用の際は小学館IDでログイン、または小学館IDへの新規会員登録をお願いいたします。


前月末の子どもの姿

・就学時健診を受け、少しずつ就学を意識している様子があった。

・毎日1話ずつ絵本『大千世界の生き物たち』を読み進めていったことで、話の続きを楽しみにし、集中して聴く姿があった。

今月のねらい

・仲間のひとりとしての自覚や自信を持ち、仲間への親しみや信頼感を高める。

・友達と協力して、ひとつの活動に取り組む。

・日本の伝統行事や習慣に親しむ。

行事

・避難訓練       

・身体計測

・わらべうたの時間

・運動遊び

・小学校訪問

地域交流

・保育者が地域の方や散歩先で出会う人に率先してあいさつをしたり、話しかけたりすることで、子どももあいさつを意識してできるようにする。

『新 幼児と保育』最新号のご購入はこちら