保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

【2022年度版】12月の指導計画(月案)<0歳児・保育園>

新 幼児と保育
掲載日:2022/12/01
【2022年度版】12月の指導計画(月案)<0歳児・保育園>

保育園の12月の月案指導計画(月案)、0歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2022年秋号ふろく「2022年度版 指導計画」よりお届けします。

2022年8月1日より、ほいくる会員機能のご利用時には小学館IDが必要になりました。
ダウンロードをご利用の際は小学館IDでログイン、または小学館IDへの新規会員登録をお願いいたします。


前月末の子どもの姿

・体調を崩す子、欠席が長引く子が多く、体調や機嫌などの変化をいつも以上に詳しく家庭に伝え、気にかけてもらえるようにしていった。

・保育者に要求や気持ちを伝えようと、しぐさや喃語(なんご)、一語文を用いてそれぞれ表現していた。うまく伝わらないと首を振ってみたり、伝わると笑顔で手をたたいて喜んだりしていた。

・園庭に出ることを喜び、探索や箱を押す、砂遊び、滑り台など思い思いの遊びを楽しむ。室内ではお椀にチェーンやお手玉を入れ、保育者に渡す遊びが気に入っている。

今月のねらい

養護

・一人ひとりの健康状態に気をつけ、寒さに負けず元気に過ごす。

教育

・体を動かして遊ぶことを楽しむ。

・簡単な言葉や喃語、しぐさで自分の気持ちや要求を保育者に伝え、伝わる喜びを感じる。

子育て支援

・先月は体調不良による欠席が多く、休みが長引く子もいたので、今月は早めに気になる姿を伝え、園と家庭とで予防し合えるようにしていく。

・気温の変化に合わせて調節できるように、着脱しやすい衣服を用意してもらうよう投げかける。

環境構成

・寒さが厳しくなってくるので、防寒用の上着と外靴の用意をお願いするとともに、管理がしやすいようにかごと個々の名札つきのゴムを用意し、寒い日に使用する。

保健衛生

・乾燥する時期になってきたので、加湿器を使用し、室温と湿度が快適であるようこまめに確認しながら調節していく。

・インフルエンザなどの感染症が流行しやすい時期なので、子ども一人ひとりの体調の変化に十分留意するとともに、保育者も健康管理と予防に気をつける。

 

『新 幼児と保育』最新号のご購入はこちら