保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【2022年度版】11月の指導計画(月案)<2歳児・保育園>

新 幼児と保育
掲載日:2022/11/01
【2022年度版】11月の指導計画(月案)<2歳児・保育園>

保育園の11月の月案指導計画(月案)、2歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2022年秋号ふろく「2022年度版 指導計画」よりお届けします。

2022年8月1日より、ほいくる会員機能のご利用時には小学館IDが必要になりました。
ダウンロードをご利用の際は小学館IDでログイン、または小学館IDへの新規会員登録をお願いいたします。


前月末の子どもの姿

・脱いだ衣服を表に返したり、畳んで袋に入れたりと、衣服の着脱や片づけを自分でやってみようとする姿が見られる。

・年上のクラスの運動会で見たことをまねて、リズム遊びを楽しむ姿が見られる。

・友達とのかかわりが増え、気の合う友達と誘い合って遊ぶ姿が見られる一方で、思いの違いからトラブルになることもある。

・園庭や散歩先で見つけたドングリや落ち葉を袋に拾い集めることを楽しんでいる。

今月のねらい

養護

・簡単な身のまわりのことを自分でしようとし、できたことへの喜びを感じる。

教育

・戸外で友達と一緒に体を動かして遊ぶことを楽しむ。

・秋の自然に触れ、木の実や落ち葉、葉が色づく様子に興味を持つ。

子育て支援

・気温の変化に留意しながら、子どもの体調の変化についてこまめに伝え合う。

・寒くなると厚着になりやすいので、調節できる衣服を多めに用意してもらう。

環境構成

・保育者が一人ひとりの話をじっくり聞き、それぞれの話したい気持ちが満たされるような時間や空間を作る。

・散歩コースは秋の自然や季節の変化に気づけるような場所を選び、危険なものがないか下見をしておく。

保健衛生

・戸外から戻ったあとや食前の手洗いをしっかりするように伝える。また、テーブルやいす、玩具など、子どもたちが普段使うものの消毒を行い、感染予防に努める。

『新 幼児と保育』最新号のご購入はこちら