小学館IDへの移行に関する重要なおしらせ

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【書籍紹介】今日は子どもと、何して遊ぼう…!HoiClue編著『12か月が楽しい!子どもの季節あそび』

掲載日:2022/04/01
【書籍紹介】今日は子どもと、何して遊ぼう…!HoiClue編著『12か月が楽しい!子どもの季節あそび』

HoiClueが編著を担当した本『12か月が楽しい!子どもの季節あそび』(朝日新聞出版)が2022年3月28日に発売になりました。

春夏秋冬にあわせて、サイトに掲載されている中から自然・工作・ゲームや料理など140以上の遊びを集めた遊びアイデア集。
12ヶ月のカレンダーとともに行事や記念日の由来、「子どもの姿」を見つめるコラムといった読みものも充実しています。

子どもたちと過ごす季節を、大人も一緒に感じ、楽しんでほしい。
そんな思いを込めてHoiClueが編集に携わった一冊、そのみどころをご紹介します!



HoiClueが編著!「12か月が楽しい!子どもの季節あそび」

書籍名:12か月が楽しい!子どもの季節あそび
編著:ほいくる
出版社:朝日新聞出版

これさえあれば保育所・幼稚園・施設実習はOK!

季節や行事に合わせて12カ月を楽しむ、あそびの提案本。木の実を使った飾り作り、新聞紙での工作、手作りの夏祭り、宝探しゲーム、行事食のレシピなど楽しい工夫が満載!
子どもとの大切な時間におすすめの一冊。

ご購入はこちら


おすすめのポイント!

保育現場でも親しまれている、12ヶ月のあそびをピックアップしました。

この本は、HoiClueに掲載されている遊びの中から、月ごと12ヶ月にわたって子どもと楽しめる遊びを集めたアイデア集。

春夏秋冬や、端午の節句、七夕、ハロウィンやクリスマス、ひなまつりなど…季節や行事をテーマにした140以上もの遊びを選りすぐってご紹介しています。

遊びの種類もさまざま。
工作、お絵かき、自然遊び、クッキングなど、室内でも外でも楽しめるいろいろな遊びをピックアップしています。

また「遊びたい!」と思い立ったらすぐに楽しめることも、大切にしました。

工作では新聞紙や牛乳パックなど身近で手に入りやすい素材をつかった遊びを。
外では散歩中の道端や公園で見つけやすい植物や木の実を使った自然あそび、雨の日に道具なしでも夢中になっちゃう体をつかったゲーム遊びなどなど。

忙しい日々の中、どうしても時間という制約はついて回るもの…
時間がたっぷりある時は作ったり描いたりじっくり楽しめる遊びを、短い時間しか取れない時は準備要らず簡単なステップでも満足できる遊びを。

シーンに合わせて、楽しんでみてくださいね。


今日は何の日…?12ヶ月のカレンダー&行事や記念日を紹介しています

4月から12ヶ月間のカレンダーとともに、季節の行事、意外に知られていない記念日など、“365日”を楽しむためのコンテンツも充実させました。

「どんな行事?なんの記念日?」そんな子どもの質問にも応えやすいよう、由来もわかりやすく載せています。

また月ごとに、行事や記念日にまつわる遊びをピックアップ。

「6月10日は「時の記念日」だから…時計を作ってみようか!」
季節や「今日」を意識することで、子どもたちの遊びが広がってくれたらいいなぁと思います。

「描く」「投げる」「走る」…今の“こどもの姿”、見つめてみませんか?

描いたり、投げたり、走ったり。
そんな日常の「子どもの姿」を、大人はつい当たり前のように見過ごしてしまいがち。

でも年齢や成長によってたとえば描くものや投げ方や走る速さが変化したり、ほかの様々な力を身につけるきっかけになっていたり。
「子どもの姿」をじっくり見守っていくと、実はとても奥深いものだということに気づきます。

吹く、貼る、転がす、並べる…など、さまざまな「子どもの姿」を捉えるヒントを、事例となる子どもたちの様子と絡めながらコラムとして綴りました。

ちょっとだけ立ち止まって、のびのびと遊ぶ子どもの様子を見つめてみませんか。

制作者より、この本を手にとってくれるみなさまへー

編著:HoiClue/編集長・雨宮みなみ

「お、これは喜びそうだなぁ」「今後いっしょにやってみたいなぁ」と、自然と子どもの姿を思い浮かべて楽しんでいただけるような、そんな一冊を目指して、たくさんのあそびアイデアとあそび心を詰め込みました。
本の通りにならなかったり、途中で違う遊びになっても、もちろんOK!
子どもといっしょに過ごす時間そのものを、より楽しむお供の一つとして手にとっていただけたら、うれしく思います。


企画編集:宗像真理子さん(株式会社 童夢)

HoiClueを見ていると、子どもたちが夢中になる遊びは、身近な自然や生活の中でできることなのだと気づかされます。
それは、今家にあるものや、ちょっと外に出たらできることばかりでした。
特別なことをしなくても、わが子の姿に驚いたり、感心したり。
ふっと肩の力がぬけて、子どもと一緒に笑い合える。そんな遊びをたくさん集めた一冊です。



*****

「この記念日には、こんな工作をしたら楽しいんじゃないかなぁ!」
「親子で夏にこんな遊びをしたら盛り上がったよ〜!」

現在進行形で子育て中のスタッフの目線や、元保育者のスタッフが現場で子どもと一緒に遊んだ体験を大切にしながら、季節をたっぷりと味わえる遊びを選びました。

一年12ヶ月楽しんだら、翌年、翌々年と同じ遊びをもう一度…
そうすると、子どもの作るものや楽しみかた、その表情に、変化や成長が垣間見れると思います。

この一冊を季節のお供に、めぐる年月を子どもたちと楽しんでいただけたらうれしいです。



全国の書店やネット書店で販売中!

『12か月が楽しい!子どもの季節あそび』は全国の書店、ネット書店などでお求めいただけます。
良かったらぜひ、のぞいてみてくださいね。

Amazon販売ページはこちら(外部サイトへリンク)