保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

2月の指導計画(月案)<1歳児・保育園>

新 幼児と保育
掲載日:2022/02/01
2月の指導計画(月案)<1歳児・保育園>

保育園の2月の月案指導計画(月案)、1歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2022年2/3月号ふろく「2021年度版指導計画」よりお届けします。

前月末の子どもの姿

・保育者と一緒に身のまわりのことをしたり、「やって」という。「○○ちゃんと一緒にしよう」と誘うと一緒にやろうとする。

・行きたい場所ややりたい遊びをいえることが増えた。

・公園までの道順を覚え「トマトのお店通っていくよね」と保育者にいっている。

・走るのが好きで、特に追いかけられることを好んで保育者を誘っている。

・友達と遊ぶ際、使いたい玩具が使えないなど自分の思いどおりにならないと取ったりすることもあるが、「いや」「だめ」と言葉で伝えようとする姿も見られる。

今月のねらい

養護

・自分なりに生活の見通しがわかり、排泄や衣服の着脱などを保育者に見守られながら進んでやろうとする。

教育

・保育者や友達と一緒に遊ぶことを楽しむ。

子育て支援

・興味を持って自分でやろうとすることが増えるが、「手伝ってほしい」「一緒にしたい」と甘えたい気持ちを見せることがあるので、丁寧に受けとめていきながら、この時期の「だだこね」の大切さを保護者に伝えていく。

環境構成

・ひも通し、ボタン留めなど指先を使った遊びはコーナーを確保し、落ち着いた環境で遊べるようにしていく。

・玩具の収納場所に写真を貼るなど、使用後はもとの場所に戻すようにする。

保健衛生

・インフルエンザなどいろいろな感染症が流行するので、登園時に体調の変化を見逃さないよう把握する。症状が見られる場合は早めに家庭に連絡し、個別対応を行う。

・子どもだけでなく、保育者や保護者もこまめに手洗いし、感染予防に努める。

「新 幼児と保育」最新号のご購入はこちら