保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

ぐるぐるデジタル腕時計〜紙コップで楽しむ製作遊び〜

Kaori-itou
ぐるぐるデジタル腕時計〜紙コップで楽しむ製作遊び〜

たった2つの材料で楽しめるのがうれしい、オリジナルの腕時計。

次々に変わる文字盤から、いろんなイメージやストーリが広がりそう…!

時の記念日など時期やお店やさんごっこにも楽しめそうな、紙コップを使って楽しむ製作遊び。


材料

・紙コップ
・色画用紙


使うもの

・はさみ
・カラーペン
・セロハンテープ


作り方

1、画用紙を幅3センチ×長さ20センチ位に切り、腕時計のベルト部分を作る。
画用紙を細く切った写真


2、紙コップの底から、高さ1~2センチ位のところを切り取る(輪切りにするイメージ)。
カラーペンで底や側面に好きな絵を描いたり色を塗り、腕時計の土台を作る。

紙コップの底を切り取り文字盤を描いている様子


3、紙コップの底にベルトを当てながら、ベルトを差し込むための切込みを入れる場所に印をつける(写真参照)。
紙コップの底に細く切った画用紙をあてている様子


4、ベルトの幅よりも左右2ミリずつ位余裕を持って、平行に2本切り込みを入れる。
紙コップの底に切り込みを入れている様子


5、写真のように、切込みの幅合わせて鉛筆でベルトに印をつけ、薄く線を引いておく。
※この時、セロハンテープの貼りしろとしてベルトの上下1センチずつ位は余裕を持たせて残しておくようにする。

画用紙に印をつけている様子


6、色んな絵を描いてみよう。時間の数字や、1日の予定や、好きな動物、乗り物の絵など、なんでもOK!
持っていて楽しい気分になれる絵を自由に描いてみよう。

印にそって絵を描いた写真


7、切り込みにベルトを通す。
切り込みに画用紙を通した様子


8、通したベルトを輪っかにしてセロハンテープでとめたら、できあがり!
完成品の写真


くるくる、文字盤の絵を変えて遊んでみよう♪
ベルトを動かしている様子



ポイント!

・ベルトを回すときにセロハンテープがひっかかりやすいので、はみ出したセロハンテープを切ったり、紙コップの切込みを長くして調節する。

・紙コップを何個かつけると、変身ベルトのようなかっこいいベルトに!

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?