保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

逢えるかな?天の川を渡る織姫彦星〜折り紙で楽しむ七夕製作遊び〜

会えるかな?天の川を渡る織姫彦星〜折り紙で楽しむ七夕製作遊び〜

織姫彦星、天の川…全部折り紙でできてるよ♪

折り紙を繋げてなが〜い天の川にしてみたり、星の模様を描いてみたり…アレンジいろいろ。

笹に飾るのはもちろん、そのまま壁に飾れば七夕の壁面としてもぴったり!


材料

・折り紙
・色画用紙
・リボン


使うもの

・のり
・はさみ
・クレヨン
・セロハンテープ


作り方

1、天の川を作る。
折り紙を半分に折る。

半分に四角く折った青い折り紙


2、さらにもう1度半分に折る。
更に半分に折った折り紙


3、写真のように、上下上下…となるように、交互に縦線を描いていく。
※この時、1cmほどの余白を残すようにする。

上下交互に線を引いた折り紙の写真


4、線の上をはさみで切っていく。
線の上をハサミで切る子どもの様子


5、切り終わったら、そーっと広げてみよう♪
天の川が作れたかな?

切った折り紙を広げている様子


6、織姫彦星の着物を作る。
4分の1サイズの折り紙を、角を少しずらして三角に折る。
下の両側の角を中心に折り上げたら、織姫と彦星の着物に♪

折り紙で織姫・彦星の着物を作る様子


7、色画用紙で顔を作り、クレヨンで目などを描く。
色画用紙で作った顔に目などを描く子どもの様子


8、ぶら下げられるように、天の川の上にセロハンテープでリボンを付ける。
ぶら下げる為のリボンを付けた折り紙の天の川


9、最後に織姫と彦星をのりで天の川に貼ったらできあがり!
織姫・彦星を貼った天の川を手に持つ子どもの様子


10、さっそく笹に飾ってみよう♪
笹の葉に飾った天の川

★ここでポイント★

・天の川を作る時に、はさみで折り紙を切り落としてしまわないように気をつけよう。余白を残して切るのがポイント!

・着物を作る時は、角をわざとずらすことで、裏の白地が出て着物の襟元のようになるよ♪

・友達の天の川と繋げて、長くて大きな天の川を作ってみるのもおもしろそう!



  • ままくるライター まぃまぃ
  • ままくるライター まぃまぃ

保育士歴10年。6歳と3歳の男の子のママ。
子どもたちの発想によってどんどんあそびが発展できるようにすることと、子どもと一緒にあそびを作り上げていくイメージを大切に記事を書いています。
製作あそびを通して今子ども達がどんなことに興味を持っているか発見したりしながら、一緒にワクワク気分を楽しんでいます♪

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 活動場所:
    室内
  • 年齢:
    幼児
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ