保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【工作コラム】「初夏の種」の小さな図鑑〜素材/初夏に集まる種

【工作コラム】「初夏の種」の小さな図鑑〜素材/初夏に集まる種

子どもたちが夢中で遊んでいる野草の種から、小さな図鑑を作ってみました。

使う素材は…「初夏に集まる種」です。

エピソード

保育園からの帰り道には、自然が沢山。
いつも寄り道の連続で、急げば10分ほどの道を1時間程かけて帰宅しています。

最近我が家の子どもたちの間でブームなのが、野草の種で遊ぶこと。
カラスのエンドウの実を、パチンと弾けさせて種を出したり、ナガミヒナゲシの種を、コショウのように振りかけたり…
お腹がすくまで夢中で遊んでいます。

今回は、そんな5月に豊富な植物の種を、収集・観察する図鑑作りを考えてみました。


材料

・野草の種

使うもの

・白い紙
・セロハンテープ
・ペン


作り方

1、色々な野草の種を採取してみましょう。
まずは、菜の花。
種の入っている房が、茶色になったら取り頃です。

菜の花の茶色くなった房の写真


2、次は、ナガミヒナゲシ。
道端に咲いている、オレンジ色のケシ(ポピー)です。
こちらも、花が咲いた後に出来た房が、茶色になったら取ってみてください。

ナガミヒナゲシの茶色くなった房の写真


3、おなじみ、カラスノエンドウ。
こちらは房が黒くなったものを採取しましょう。

カラスエンドウの黒くなった房の写真


遊び方

白い紙の上にタネを出した写真
白い紙の上に、種を出してみます。
ナガミヒナゲシは、房の先端をトントンと叩きつけると、細かい種が沢山出てきます。

房からタネを出す様子
カラスのエンドウやなのはなは、房を指でつぶすと、種をとり出せます。

種類別に房とタネをセロハンテープでとめた写真
種と、種を取った後の房をセロハンテープで紙に留め、名称と日付を書いて小さな図鑑にしましょう。

★ここでポイント★

房の内側が見えるようにカットすると、それぞれの構造の違いも観察することができます。


  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ