小学館IDへの移行に関する重要なおしらせ

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【工作コラム】「初夏の種」の小さな図鑑〜素材/初夏に集まる種〜

吉田麻理子
掲載日:2017/05/24
【工作コラム】「初夏の種」の小さな図鑑〜素材/初夏に集まる種〜


子どもたちが夢中で遊んでいる野草の種から、小さな図鑑を作ってみました。

使う素材は…「初夏に集まる種」です。

エピソード

保育園からの帰り道には、自然が沢山。
いつも寄り道の連続で、急げば10分ほどの道を1時間程かけて帰宅しています。

最近我が家の子どもたちの間でブームなのが、野草の種で遊ぶこと。
カラスのエンドウの実を、パチンと弾けさせて種を出したり、ナガミヒナゲシの種を、コショウのように振りかけたり…
お腹がすくまで夢中で遊んでいます。

今回は、そんな5月に豊富な植物の種を、収集・観察する図鑑作りを考えてみました。



材料

・野草の種

使うもの

・白い紙
・セロハンテープ
・ペン

作り方

1、色々な野草の種を採取してみましょう。
まずは、菜の花。
種の入っている房が、茶色になったら取り頃です。
菜の花の茶色くなった房の写真

2、次は、ナガミヒナゲシ。
道端に咲いている、オレンジ色のケシ(ポピー)です。
こちらも、花が咲いた後に出来た房が、茶色になったら取ってみてください。
ナガミヒナゲシの茶色くなった房の写真

3、おなじみ、カラスノエンドウ。
こちらは房が黒くなったものを採取しましょう。
カラスエンドウの黒くなった房の写真


遊び方

白い紙の上にタネを出した写真

白い紙の上に、種を出してみます。
ナガミヒナゲシは、房の先端をトントンと叩きつけると、細かい種が沢山出てきます。

房からタネを出す様子

カラスのエンドウやなのはなは、房を指でつぶすと、種をとり出せます。

種類別に房とタネをセロハンテープでとめた写真

種と、種を取った後の房をセロハンテープで紙に留め、名称と日付を書いて小さな図鑑にしましょう。

ポイント!

房の内側が見えるようにカットすると、それぞれの構造の違いも観察することができます。