保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【お役立ち】牛乳パックを使った奥まで見やすい収納ボックスの作り方

ほいくるライター
【お役立ち】牛乳パックを使った奥まで見やすい収納ボックスの作り方

子ども達の身近なものの収納に便利な牛乳パック。

ななめに切って段差を出すことで、奥の物が見えやすく!

靴下入れはもちろん、いろんな場面で役立つ収納アイディアをご紹介。


材料

・牛乳パック

使うもの

・はさみ
・油性ペン
・テープ
・ビニールテープ


作り方

1、入れ物部分を作る。
牛乳パックの高さ5.5㎝の位置(左)から高さ12㎝の位置(右)へななめに線を引き、切り取る目印をつける。

牛乳パックの側面に斜めに線を引いた写真


2、線にそってななめに切る。これを6つ作る。
線に沿って斜めに切り取った写真


切り取っていない牛乳パックを下に敷いて重ねた時、ちょうど良い高さになるよ。
切った牛乳パックを繋ぎ合わせた写真


3、土台を作る。
切り取っていない牛乳パックの上を写真のように開く。

牛乳パックの口を切り開いた写真


4、テープでとめ、直方体にする。
口を閉じ止めた写真


5、直方体の土台の上に作り方2の牛乳パックを3つ乗せ、土台の前に残りの3つの牛乳パックを並べテープで固定する。
6個の牛乳パックを繋ぎ合わせた写真


6、ビニールテープでふちを囲ったらできあがり!
フチをビニールテープで覆った様子


7、名前を貼っても見やすい♪
各箱に名前を貼った写真


8、ちなみに…横から見ると写真のような作りになるよ。
横から見た写真


9、靴下入れにぴったり!ハンカチや帽子などのアイテムの収納にも◎
靴下を収納した写真


※アレルギー反応が強い子もいるので、牛乳パックを使用する際には安全面に配慮する。
 ⇒代用素材はこちら



何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録する)

「ほいくるメイト」ってなぁに?