保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【工作コラム】HELLO!!くつしたアニマル〜素材/くつした

【工作コラム】HELLO!!くつしたアニマル〜素材/くつした

私の履いているシンプルなくつしたを、子どもたちが楽しめるようにアレンジできないかな…
そう思い、簡単にできるくつしたアニマルを考えてみました。

使う素材は…「くつした」です。

エピソード

少しずつ気候も秋っぽく、涼しくなってきましたね。
夏の間サンダル生活だった私も、今週から靴下を履いています。

そして私の履いている靴下は、かなりシンプル。
これ、子どもたちがちょっと楽しめるように、工夫できないかな…?!
そうだ、娘(2歳)が大好きな、かわいい動物風にしてみよう!

そんな思いつきから、簡単にできるくつした工作を考えてみました。


材料

・くつした
・刺繍糸


使うもの

・縫い針

作り方

1、まず、工作に使う靴下を決めます。今回はこの白いのに決めました!


2、どんな動物にするか、下絵を描きます。
ねずみをイメージして、シンプルかつ、ちょっとかわいい小動物風にしてみました。



3、靴下に下絵の通り、刺繍してみます。
靴下の中にメガネケースなど、固いものを入れると縫いやすいです。



4、片方完成!


5、もう片方は、目鼻の色をからし色に変えてみました。


遊び方



子どもたちがいるとき、
「コンニチハ!」「クツシタダヨ!!」
とおもむろに話しかけてみましょう。
(わが家の娘2歳は「え!くつしたなの!?」「かわいいねぇ!」と、すっかりお友達になっていました。)

★ここでポイント★

動物の顔は、耳をつけたり、眉毛を付けたり、お好きなように!
動物のイメージで、くま→茶色い靴下、うさぎ→ピンクの靴下など、靴下の色をセレクトしても楽しいですね。



  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ