保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

パラバルーン(テント)〜保育士が中に入って支える表現方法〜

ほいくる編集部
更新日:2022/06/02 掲載日:2016/08/18
パラバルーン(テント)〜保育士が中に入って支える表現方法〜
カラフルテントみたい?
みんなで力を合わせて同じ動きをするパラバルーン。

タイミングやリズムを合わせてるからこそ、できたときにみんなでその喜びが味わえるパラバルーン遊び。

遊び方

1、保育士がパラバルーンの中に入り、テントの形になるように、中心部をできる限り高く持ち上げる。

2、子どもたちは、合図に合わせてパラバルーンを引っ張りながらしゃがみ、抑える。

テントのできあがり!!

ポイント!

・かけ声をかけたり、みんなでタイミングを合わせるのがポイント。

・やり方2は、中に空気を含むようにすると、ふわふわなテントができあがる♪

・やり方2は、子ども同士の間はなるべく詰めたほうが、中の空気が逃げず、キレイな形のテントができる。



いろいろなパラバルーンあそびが載っている記事はこちら

パラバルーンの表現方法まとめ〜基本の動きから大技まで大集合!〜

パラバルーンの表現方法まとめ〜基本の動きから大技まで大集合!〜

運動会などでも親しまれている、パラバルーン。
友だちと一緒に遊ぶからこその楽しさがつまった遊びです。

波や行進、シーソーにメリーゴーランド、ロケットにポップコーンなど…
この記事では、小さな動きから、あっと驚く大技まで、いろいろな表現方法をご紹介します。