あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

第1回 子どもの遊びに関わる同志のみなさんへ!

みなさん、初めまして!関戸博樹といいます。この度は縁あってこのコラムを書かせていただけることになり、目を止めて下さったみなさんとの出会いに感謝しています。

さて、プロフィールの欄にもある通り私は保育士ではありませんし、自身は幼稚園に通っていたので、子ども時代の体験も皆無です。そんな私がこのコラムでやりたいと思っていること。

それは、
保育士として子どもたちの育ちを保つためにがんばっている「子どもの遊びに関わる同志のみなさん」に対して、私がこれまでプレーリーダーとして実践してきた「遊びの環境づくり」や「子どもと遊びを通して関わる」中で感じてきたことを紹介することです。それがみなさんの日々の実践のヒントになれたら良いなと思っています。

前置きが長くなりましたが、今回は私が大切にしていてこのコラムの主題とも考えている「エンパワメント(Empowerment)」という概念について紹介します。

「エンパワメント」とは、私は「その人自身の持つ力を最大限引き出すこと」と解釈して使っています。対義語は「ディスエンパワメント(Disempowerment)」で、「その人自身の持っている力を奪うこと」。ですが、私としては「パターナリズム(Paternalism)」といって「その人自身の意思に反して権力を持つ者が良かれと思って支援すること」という言葉の方がしっくりくるので、我流ですがこっちの方を対義語として使ったりもしています。

「力を奪う」とは例えばこんな話です。

「お年寄りのために何か自分ができることをやろう!」とはりきっている、高齢者施設で仕事を始めた若者。食堂でお年寄りの食事を配膳する業務を見つけてがんばるのですが、自分で運べない方に限らず、自身でできる方の分まで上げ膳、据え膳でやってしまいます。すると、食事の楽しみのために何とかがんばって歩こうという意思を持っていた方は歩行の機会を奪われてしまい、結果として筋力が落ちて車イスでの生活になってしまったのです。

こういった、善意が逆効果のようになってしまうことは、残念ながら社会の様々な場面にあると思っています。しかし、私は一人ひとりの力を信じて伸ばし合う社会が理想だと考えます。子どもの遊びでも、子どもに対して大人が遊びを主導することもあると思うのですが、そのような状態は上記の例に当てはまることも少なくないのではないでしょうか。なぜなら、遊びのプロであり専門家であるのは子ども自身だからです。次回はこのあたりについての話をしたいと思います。

予告

「子どもの遊びって何でしょう?(仮)」。遊びとは子どもにとって最も夢中になれる楽しい時間ですが、時として遊びが子ども自身の主体的な行為から大人のやらせたいことへと変わってしまったりもします。そもそも遊びって何なのでしょうか?ということについて書きたいと思っています。お楽しみに☆

その他のコラム

第1回 子どもの遊びに関わる同志のみなさんへ!
第2回 子どもの遊びって何だろう?
第3回 なぜ「自由」に遊ぶことがいいんだろう?
第4回 冒険遊び場って何だろう?
第5回 プレーリーダーって何だろう?
第6回 保育士だってプレーリーダー?
第7回 のびのび遊べる環境をつくろう(環境編)
第8回 のびのび遊べる環境をつくろう(大人の姿勢編)
第9回「地域に目を向けてみよう!」
第10回「遊びの価値を社会化していこう」
第11回「信じよう子どもの力、あなたの力」
  • 専門家 関戸 博樹
  • 専門家 関戸 博樹(特定非営利活動法人 日本冒険遊び場づくり協会 理事)

大学で福祉を学び、「全ての人が元気になれる地域をつくる」ことを仕事にしたいと考える。
冒険遊び場づくりと出会い、「住民が子どもの遊び場について考え活動することを通じて、地域が元気になっていく」ことに大きな魅力を感じ、04年~12年までの8年間、渋谷はるのおがわプレーパーク(東京都渋谷区)で常駐プレーリーダーとして従事。08年より日本冒険遊び場づくり協会理事。
現在は自身の住む埼玉県朝霞市で子育てをしながら、朝霞市、加須市、練馬区などの複数の遊び場にプレーリーダーとして関わっている。

「キーワードはエンパワメント。その人自身の持つ力を最大限引き出すことを大切にしています。
このコラムでは、子どもが自ら遊ぶことで生じる子どものキラキラした輝きや、それを支える大人の姿勢の大切さをお伝えしていきたいと思っています。」

URL :
特定非営利活動法人 日本冒険遊び場づくり協会
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ