保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【工作コラム】カラフル!おさんぽ水滴〜素材/水・クッキングシート

【工作コラム】カラフル!おさんぽ水滴〜素材/水・クッキングシート

ある教室で教えてもらった実験を元に、色水を使った水滴遊びを考えてみました。

使う素材は…「水・クッキングシート」です。


エピソード

先日、お母さん向けの実験教室に遊びに行ってきました。
この教室は、「家で子どもと科学実験をしたいお母さん」向けのもの。
シンプルな材料でできる、楽しい科学実験を教えてもらっています。

その中で、今回面白い実験を教えてもらいました。
表面張力の力で、球のようになった「水滴」を、おさんぽさせる、というものです。

おさんぽしている様子が小動物のようで、参加者からも「水滴、かわいいー!」という声が 笑。

とても面白かったので、帰ってから子どもたちとも遊んでみたところ、2人とも夢中に。
今回は、教えてもらった実験を少し応用して、カラフルな水滴遊びをお伝えします。

材料

・水
・絵の具
・クッキングシート(表面を撥水加工してあるもの)


使うもの

・紙コップ
・筆
・トレーまたはお皿
・セロハンテープ
・竹串または割り箸


作り方

1、紙コップの中に水と少量の絵の具を入れ、筆で混ぜて色水を作ります。


2、トレーやお皿にクッキングシートをひき、セロハンテープで留めます。
これで水滴をおさんぽさせる準備が整いました。



遊び方

筆に1で作った色水を含ませ、クッキングシートの上にちょん、と乗せていきます。


色々な大きさの水滴ができました!


いよいよお散歩してみます。
竹串や割り箸で、水滴の1つを押さえ、横にスライドさせると…



水滴が竹串にくっついて、「おさんぽ」します!
この様子、なかなかかわいいんですよー!



今度は2色の水滴を用意して


「おさんぽ」で合体させてみましょう。


くっついた!どうなるかな?
少し竹串で混ぜてあげましょう。



黄緑色の水滴が誕生ー!

★ここでポイント★

竹串などを使わず、口笛を吹くように、息で「ふーっ」と吹いても移動します。

クッキングシートに傾斜をつけて、「コロコロ」と転がしてみても面白いですよ。



  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ