保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

ダンボールde動くショベルカー〜アイデア満載の本格製作遊び〜

ダンボールde動くショベルカー〜アイデア満載の本格製作遊び〜

憧れのはたらく車、ショベルカーを手作りしちゃおう!

ただのショベルカーじゃないよ…なんと、実際に乗れて操作までできちゃうんだから♪

ダンボールで楽しむ、迫力満点の製作遊び。


材料

・段ボール(子どもが乗れるサイズのもの)…本体用と部品用の2箱
・折り紙(水色) …画用紙でもOK!
・固いラップの芯
・トイレットペーパーの芯…4本
・毛糸(すずらんテープでもOK)


使うもの

・ガムテープ
・のり
・はさみ
・カッター


作り方

1、タイヤ(キャタピラ)を2つ作る(本体用の段ボールの底辺の長さに合わせてタイヤの大きさを決める。)。

段ボールの表面を1枚をめくって、でこぼこした面を出す。
でこぼこした面を表に楕円を作り、両端にトイレットペーパーの芯を入れて貼り付ける。

段ボールをはがしてキャタピラーを作った写真


2、本体に取り付ける扉を作る。

段ボールを扉の形に切る。
窓や取っ手をくり抜き、水色の折り紙を貼る。

ドアの部分を作った写真


3、シャベル部分を作る。

段ボールを長方形に切り、片方をギザギザになるように切る。
それを2つに折り、折った部分(直角になる部分)に三角形に切った段ボールを貼り付け、ガムテープで固定する。

シャベルの部分を作った写真


4、アーム部分を作る。

細長い長方形を4枚作り、4枚とも片側に穴を開ける(穴は軸になるラップの芯の大きさにする。)。
4枚の穴にラップの芯を通す。
中心の2枚は、3のシャベルにガムテープで固定し、外側の2枚は、開くように外側へ折って自立させる。
毛糸をシャベルとアームの接続部分に取り付け、ガムテープでしっかり固定しながらアームを這わせる。

部品を組み合わせている写真


5、段ボール箱に4を取り付け、固定する(底だけでなく、アーム部分全体を段ボール箱の内側にしっかり固定する。)。
2の扉と、1のタイヤを取り付けたらできあがり!

本体に乗って、毛糸の端を上側に引っ張ると…アームが動くよ♪

完成品の写真

★ここでポイント★

・丸めた新聞紙を石に見立ててシャベルですくってみたり、工事現場ごっこをしてみても楽しめそう。

・段ボールは薄い柔らかめの素材だと潰れてしまうこともあるので、厚手のしっかりとしたものを選ぶようにする。

・段ボールに絵の具やクレヨンで色を塗ったり模様を描くと、より本格的なショベルカーに♪



  • ままくるライター
  • ままくるライター
ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ