保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

ビー玉コロコロ落とし〜幅広い年齢で楽しめる手作りおもちゃ〜

ビー玉コロコロ落とし〜幅広い年齢で楽しめる手作りおもちゃ〜

ペットボトルを斜めにしたりゆらゆら揺らしたり…

アヒルさんの口にブタさんの鼻、最後にゾウさんの鼻を通って…ゴールまでいけるかな!?

乳児さんから楽しめそうな、手作りのビー玉ポットンおもちゃ。


材料

・ペットボトル
・厚紙
・色画用紙
・ビー玉
・ビニールテープ(マスキングテープでもOK)


使うもの

・はさみ
・カッター
・のり(両面テープでもOK)
・ペン
・えんぴつ
・クレヨン
・輪ゴム


作り方

1、ペットボトルをカッターで、3つに輪切りする。
※輪ゴムをペットボトルに通してペンでなぞり、その線に沿って切るのがポイント。

ペットボトルをカットした写真


2、切り取ったペットボトルの切り口に厚紙を当てて、えんぴつでなぞる。
えんぴつの線より1~2㎜大き目の丸に切り取る。(これを3枚作る。)

カットした切り口にそって円を描いて切り取った写真


3、2で切り取った厚紙と同じ大きさの丸を、色画用紙で2つずつ作り、厚紙の表と裏に貼り付ける。
3マイの


4、黄色の折り紙にアヒル、ピンクにブタ、水色にゾウの顔をペンで描く。
ビー玉を落とす穴を、カッターであける。

切り取った画用紙と同じ大きさの色画用紙を作成した写真


5、3つ切ったペットボトルに4を挟んで、外側からビニールテープで巻き、ペットボトルを元の形に組み立てる。
※この時、裏側からセロハンテープで仮止めしておくと、ビニールテープが巻きやすい。

カットしたペットボトルの間に円の画用紙を挟んでいる写真


6、ペットボトルの口からビー玉を入れる。
最後にフタをしたらできあがり!

完成品の写真

★ここでポイント★

・ビー玉を下まで落としたら、逆さまにしても遊べる。

・小さいサイズのペットボトルで作れば、乳児さんから楽しめそう♪

・動物の顔だけでなく、笑った顔や泣いた顔、怒った顔など、子どもの年齢に合わせて描きやすいものでOK!

・ペットボトルの切り口で手を切りやすいので、安全面に気をつける。

・お友だちと「よーいどんっ!」誰が1番早くゴールできるかな!?競争してみても盛り上がりそう♪



  • ままくるライター
  • ままくるライター
ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    乳児 幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ