あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【絵本×あそび】「っぽい」絵もいいね〜絵本/っぽい〜

【絵本×あそび】「っぽい」絵もいいね〜絵本/っぽい〜

お絵描きするのがぐんと楽しくなりそう!

上手じゃなくったっていいんだ!自分だけの絵を描いてみよう。

「っぽい」ものを見つけてワクワクできる発展あそびもご紹介♪

あそびの元となった絵本のタイトル

絵本名:っぽい 作:ピーター・レイノルズ/絵:ピーター・レイノルズ
絵本名:っぽい
作:ピーター・レイノルズ
絵:ピーター・レイノルズ
出版社:主婦の友社

出版社からの内容紹介

絵をかくことがだいすきな男の子ラモン。
でも、ある日、ラモンは、自分がかいた絵がなにを描いたものかわからないと笑われてから、思いのままに絵を描けなくなる。
なんとか「正しい」絵をかこうとするのだけれど、うまくかけなくて、ついには絵をかくことをやめてしまう。
けれど、そんなラモンの絵を、「なにかがちゃんと伝わってくる」から好きだといってくれる妹のおかげで、「正しい」絵を描く必要などないことに気づき、また自分の思うまま、自由に絵や文章をかいていけるようになる。
世の中に「正解」があることなど少ないのだし、「ものほとはかくあるべき」という価値観にこだわることはないという普遍的なメッセージを、人気作家レイノルズが、子どもたちにやさしく語りかける。
大人のせまい価値観にとらわれることなく子どもを見てあげてほしいという、親に向けてのメッセージ絵本でもある。

出典:絵本ナビ

どんな絵本?

・絵を描くことが大好きだった男の子が、心ない一言で苦手意識を感じてしまうように…だけど「っぽい絵」の楽しさに気付くと再び筆を走らせる!

・上手じゃなくても大丈夫!正解なんてないんだ!と気付かせてくれるおはなし。

・思いついたものをついつい描いてみたくなりそう!

・想像の広がるまま表現する楽しさや大切さに触れられる絵本。

絵本からの発展あそび

<その1>思ったままに好きな絵を描いてみよう!


ぐるぐる線を描いたり、好きな色をたくさん使ったり…
その後「◯◯っぽいね!」と、みんなで話し合ってもおもしろい。

<その2>外に出て「っぽい」ものを探してみよう。

みんなでお散歩に出掛けて枝の形や雲の形から「◯◯っぽい」ものを見つけてみよう。
くまさんっぽい雲、おばけっぽい影…どんなものが見つかるかな?



★ここでポイント★

・絵を描くときは手や足などを使って、大きな紙に自由に描いてもおもしろい♪

・みんなで同じ物を描いて、発表しても◎それぞれの違いが楽しい!

・乳児さんも楽しめるこんなおもしろお絵描きあそびも♪
 ⇒これなーんだ!~クレヨン1本で広がる形あそび~

 ⇒スポンジおえかき〜幅広い年齢で楽しめるお絵かき遊び〜

 ⇒なんでもお絵かき〜乳児んさんも楽しめるおもいっきりお絵かき!〜

  • ままくるライター
  • ままくるライター
ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内 戸外
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ