保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【工作コラム】ぶらぶらロープーウェイ!〜素材/牛乳パック〜

吉田麻理子
【工作コラム】ぶらぶらロープーウェイ!〜素材/牛乳パック〜

夫と子どもたちが夢中で遊んでいた「ロープーウェイ」遊び。

荷物を運んだりできるように、形を変えて作り方を考えてみました。

使う素材は…「牛乳パック」です。

<エピソード>

この前の休日、夕飯の支度をしていると、リビングで夫と子どもたちが「キャッキャ!」と何やら盛り上がっている様子。

「何をしているのかな!?」と覗いてみると、レゴの車体に毛糸を通したロープーウェイを、毛糸の片方は夫が持ち、片方がムスコが持って
「あっちに行った!こっちに来た!あ、壊れた!」
と大騒ぎ。

こういうシンプルなおもちゃでも、みんなで遊べるとすごく楽しそう。
今回は夫とムスコのロープーウェイを、レゴがなくても再現できる方法を考えてみました。

材料

・牛乳パック
・色画用紙
・テープ
・ダブルクリップ(つまんで開くタイプのクリップ。写真参照。)
・毛糸

使うもの

・カッターまたはハサミ
・両面テープ
・水性ペン

作り方

1、牛乳パックの底の部分を、4cmほど切り取ります。
牛乳パックのそこを切り取った写真


2、1に色紙やテープを巻いて、ロープーウェイの車体を飾り付けます。
牛乳パックの表面はツルツル滑りますが、両面テープを使うと色画用紙も簡単に貼れます。
切り取ったそこの部分に折り紙を貼り付けた写真


3、25cmの長さに切った毛糸を2本用意し、車体の内側の隅に留めます。
毛糸をつけた写真


4、色画用紙を切り抜き、ロープーウェイのお客さんを作ります。
手の部分はU字型に切り抜いて下さい。
色画用紙を切り抜いて動物を作った写真


5、お客さんをロープーウェイに両面テープで貼り付けます。
手の部分を外側に出してあげると、車体から乗り出している感じになります。
完成品の写真


6.3で取り付けた2本の毛糸をつまむように、ダブルクリップを取り付けます。
クリップでとめている写真


7.ダブルクリップの「つまみ」の部分に毛糸を通します。これで完成!
クリップに糸を通している写真

完成品の写真

遊び方

遊んでいる写真


手を高く上げると、ロープーウェイの車体が下の方に移動します。

・1人で遊ぶ場合

毛糸の一方の端を椅子の背など固定できる場所に結び、もう一方を手に持ちます。
手の高さを変えることでロープーウェイが行ったり来たりします。

・2人で遊ぶ場合

2人でそれぞれロープーウェイの端を持ちます。
手を交互に上下させて、ロープーウェイを行き来させます。

★ここでポイント★

ロープーウェイに荷物を入れて、運搬させても面白いです。
重い荷物を入れる場合は、「3」の毛糸のつけ方をテープで貼るのではなく、穴を開けて毛糸を結ぶようにすると強度が増します。



何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?