あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

うさぎとお花のつるし雛〜紙粘土で楽しむひな祭り飾り〜

うさぎとお花のつるし雛〜紙粘土で楽しむひな祭り飾り〜

ひな祭りにちなんだ、伝統的な飾りのつるし雛。

紙粘土で作るから、色や形などアレンジいろいろ!

ひな祭りはもちろん、普段の飾りとしても楽しめそうな製作遊び。


材料

・軽量紙粘土(30〜40g)
・絵の具
・色紙
・クリップ
・毛糸
・木の枝

使うもの

・ボンド
・お花の型抜き

作り方

1、紙粘土を
・うさぎ用…2/3
・お花用…1/3
に取り分ける。
お花用はさらに半分にし、花の芯の部分は、うさぎ用からほんの少し取り分ける。

お花用と花芯用の紙粘土に少しずつ絵の具を混ぜて色をつける。

2、お花用の紙粘土を、お花の抜き型で抜く。
この時、後で使ううさぎのお顔のパーツ用に、少しだけ紙粘土を取り分けておく。

お花を作った残りは、丸めてボールにする。


3、2で作ったお花の真ん中を指でくぼませ、くぼみにボンドをつける。
花芯用の紙粘土を小さく丸めてつぶし、くぼみに乗せて貼り合わせる。


4、次に、うさぎを作る。

白い紙粘土(絵の具を混ぜていないもの)を2つに分ける。
卵型になるように丸め、手のひらでつぶして1.5㎝位の厚さにする。


5、卵型のとがったほうを指で押して、うさぎの耳の形を作る。


6、2で取り分けておいた色のついた紙粘土でうさぎの耳の中、目、鼻を作り、5の土台にボンドで貼る。
折り紙で冠、扇子、烏帽子、尺を作り、同じようにボンドで貼りつける。


7、うさぎ、お花、ボールそれぞれのてっぺんにクリップを差し込む。

8、毛糸とクリップをつなぎ、毛糸の端を木の枝に結んだらできあがり!

★ここでポイント★

・絵の具の量によって色が変わったり、混ぜ具合によってマーブル模様になったり…色の変化や混ざり具合を楽しめる環境を大切にする。

・子どもたちそれぞれが、いろんな色を混ぜながら好きな色を作ってみたり、模様をつけたりできると個性豊かなお人形が生まれてまた楽しい♪

・お花以外の抜き型で形を作ったり、アレンジいろいろ!

・ビーズやボタンなど、紙粘土に身近な材料を足してみるとまた違った雰囲気の飾りに。

・作り方に決まりはないので、子どもたちがイメージを膨らませながら自由に楽しめる環境を大切にする。

・ひな祭りに限らず、いろんな形を作っていろんな時期に楽しんじゃおう♪


  • ままくるライター Kaori-itou
  • ままくるライター Kaori-itou

小学生男女児、幼稚園男児の3児の母。短大食物科、美大デザイン科卒業後、木製椅子メーカーに勤務。
退職後たまたまテレビで見た子供向け造形教室にときめき、造形教室アシスタントで経験を積んだ後、自宅と出張で教室を開催中。
子供達のアイデアと作品には毎回感動の連続で、とてもかなわないと思う。
ほいくるでの記事作成を通して短時間でもいかに楽しくアートな作品を作れるか知恵を絞り、自分の引き出しも広がっていくのを実感中。

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 活動場所:
    室内
  • 年齢:
    幼児
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ