保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

乳児種目〜年齡が低い子ならではの親子競技のポイント〜

雨宮みなみ
低年齢児の競技〜年齡が低い子ならではの親子競技のポイント〜


低年齡の子どもたちも、親子での関わりを通して楽しめる運動あそびがたくさん!

親子種目で大切なポイントやアドバイスを確認して、それぞれに楽しい競技に発展させよう。

低年齢児ならではの種目

<低年齢の競技では、どのような事ができる?>

低年齢の子ども達ができるようになった事で、何かの物に変身したり、競技の中に親子体操を入れたとします。
特に親子でスキンシップが取れる親子体操は子どもが喜ぶだけでなく、親子のコミュニケーションのツールとして運動会が終わった後も家庭で行われる事と思います。

<できる運動例>

横転、でんぐり返し、ぶら下がり、よじ登り、ジャンプなど

<親子体操例>

ペンギン…親の足の上に子どもの足をのせ、一緒に歩く
コアラ…抱っこ
ドライブ…親の上に子どもが座って、おしり歩きなど

リンク:お出かけ動物園〜親子のコミュニケーション満載の競技〜



何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録する)

「ほいくるメイト」ってなぁに?