あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【工作コラム】わらって!しろくまくん!〜素材/紙コップ〜

【工作コラム】わらって!しろくまくん!


今回は「変な顔!」をして笑いあっている、
4歳と1歳の兄妹を観察して思いついた工作をご紹介します。

使う素材は…「紙コップ」です。


エピソード

初めまして。育児とくらしの工作家 吉田麻理子です。
我が家には4歳と1歳の兄妹がいます。

これまであまり、2人で一緒に遊ぶことが無く、それぞれ好きなことをしていた我が家の兄妹ですが、最近時々「あれ、2人で楽しんでいるな!?」という瞬間を見かけるようになりました。

中でも微笑ましいのは、兄が突然「わはは(笑った顔)!えーん(泣いた顔)!」などの大げさな表情をして、妹が「ぐふふ!!」と笑うとき。
主に食事中によくみられます。

親は「別に笑えないなぁ。ご飯早く食べて!(笑)」と思うことでも、子ども同士だと面白いんだなー。
大人には分からない、子どもだけの笑いってあるんだなぁ、と思った瞬間でした。

この工作は、そんな兄妹を観察していて思いついたものです。

「わはは!」「えーん!」など、しろくまくんの表情が変わったら、子どもたちは笑ってくれるかな?!
紙コップの色を変えて、うさぎさん・キツネさんなども作れます。


材料

・紙コップ 2こ
・色画用紙または折り紙

使うもの

・カッターまたははさみ
・ボンドまたはのり
・水性ペン

作り方

1、片方の紙コップに、穴を開ける。
目が出る場所になります。


2、1の紙コップの中に、もう片方の紙コップを入れる。
1で開けた穴から水性ペンで目を書きます。


3、内側の紙コップを回して、白い部分を出し、2と違う表情の目を描く。
3〜4つほどの表情を描くことができます。


4、色画用紙や折り紙で目と耳を作り、ボンドやノリで接着。
これで完成!!


遊び方

そのままクルクル表情を変えて遊ぶだけでも楽しいですが、我が家では

息子「しろくまくん、こちょこちょ!」

しろくま(私)「わはは!!あっはっは!!!」

息子「しろくまくんにおやつあげなーい!」

しろくま(私)「ひどいっ!えーんえーん!」

など会話と表情を組み合わせて遊んでいます。


ここでポイント!

表情は「普通の顔」「笑っている顔」「泣いている顔」「怒っている顔」などが描きやすいですが、子どもたちに自由に描いてもらっても良いと思います。


試作にて。

息子作「『えっ…?』という顔」。
思わず笑ってしまいました。

  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ