あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

なんでもあそび〜じぶんたちで考える遊び〜

なんでもあそび〜じぶんたちで考える遊び〜

色々なものを集めるのが好きな子どもたち。

集めてどうするの?という言葉をひっこめて、子どもたが興味あるものから広がる世界を楽しめるような、そんなきっかけの1つに。





遊び方


1、自然がある場所へお散歩に行く。小枝やどんぐり、葉っぱに木の実、石など、子どもたちの興味惹かれるものが盛りだくさん!
 ついつい、「そんなにたくさん、どうするの」「枝は危ないから捨てて帰ろうね」と言いがちなところをぐっとがまん。


2、興味のあるものを持ち帰れる準備をして、袋に入れて保育園に持ち帰る。これでもか!というくらい、みんなで集めるだけでも充分に楽しめる。


3、持ち帰った素材を、みんなで並べてみる。


4、さて、この材料をつかって、一体どんなことができるだろう?みんなで考えたり、話し合ってみる。
・並べたり、数を数えてみる
・よーく観察してみる(スケッチしてみる)。
・おままごとをする
・虫の家をつくる
・紙に貼って絵を描いてみる
・組み立ててみる
・毛糸を巻いて飾りをつくる
・顔をかいてみる
などなど…どんなアイディアが出てくるかな?
できるだけ子どもたちの発想をそのままに、実現できる環境を用意して楽しむ(イラスト1)。



6、遊んだ後は、「◯◯の音が聞こえた!」など、音に敏感になる姿が見られることが予想されるので、それぞれの気付きや発見を大切にする。



★ここでポイント★


・乳児さんとあそぶ際は、短い時間で良いので、何かの音を聴くことを楽しむきっかけを楽しむ。

・正解はないので、子どもたちそれぞれが感じた音や発見を大切にする。

・1回で終わらせず、思い出した時にいろいろな場所や場面で楽しんでみると、おもしろい。何度か繰り返すうちに、子どもたちの発見も深まるかも?
 

  • ほいくるライター 雨宮 みなみ
  • ほいくるライター 雨宮 みなみ

ほいくる発起人。
「これはあの子が喜ぶだろうな〜」と子どもの姿を思い浮かべておもわずニンマリしてしまうような、そんな、“子どもの姿に寄り添う“きっかけとして、いろんなあそびを広く共有できる場でありたい!とこだわり強く運営中。
こどもと共鳴した時の、あのなんとも言えない瞬間がたまらなく好き!

URL :
https://hoiclue.jp/
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)
  • 年齢:
    乳児
  • 活動場所:
    室内 戸外