あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

コドモコトノハ「せかいじゅうの山 100m おおきな山です。」ゆうたん(5歳)

その日、外では一日中冷たい雨が降っていました。
いっくんと、しょうちゃんが、部屋のすみっこに椅子を積みはじめました。

「たきびだ!たきびだ!」

どうやら、椅子を薪に見立てているようです。
赤い風呂敷、オレンジ色の風呂敷を、積み上げた椅子の間にぐいぐい入れこみます。

「ひが、ついた!」

「あつーい!」
 
さらに椅子を積み上げます。
うまく積まないと、ガラガラ崩れてくるので、そーっと乗せなければいけません。
椅子と椅子のすきまにも、いろんな物をどんどん入れこんでいきます。
おままごとの棚から、お皿と、コップと、やかんと、お医者さんセットを持ってきて、入れました。
タンスから、大きな布と、スカートと、ドレスと、ありとあらゆるバッグを持ってきて入れました。

そのうちに、他の子もやってきて、椅子もどんどんどんどん高く積まれていきます。
たき火はすごい勢いになりました。
あんまり高くて、あんまりものすごいので、まるでたき火じゃないみたいです。



「これ、たきびじゃないな」

と、いっくんが言いました。
「じゃ、なににする?」

しょうちゃんが聞きました。
ゆうたんが「ちょっと、まってて」と言って、紙とペンを取りに行きました。

「はい、これ」

紙には、ゆうたんの字でこう書かれていました。

「せかいじゅうの山 100mおおきな山です。」

「やまだ!やまだ!」

いつきと、しょうちゃんは、山のまわりをぐるぐる回ります。
それから、箱いっぱいのカラーボールを持ってきて、山の上からざーっと流しました。

「たきだ!たきだ!」

せかいじゅうの山は、ぐらぐら揺れて今にも崩れそう。
でも、まだまだ高くなりそうです。

その他のコラム

「せんせいも、かれーすきだって。せいこといっしょだったよ」(せいこ6歳)
「ひーちゃんがほしいんだから、 はやいも、おそいも、ないのっ!」(ひろこ 5歳)
「まほうがほしい」(あさみ 5歳)
「そりゃぁ、あんまりだとおもったから」(けんじ5歳)
「こころのとびらが、しまってるの?」(あすか5歳)
コドモコトノハ「だけど、しんでる?」(しげる 5歳)
「はの、こうかん」まあれ(5さい)
「せかいじゅうの山 100m おおきな山です。」ゆうたん(5歳)
「もうすぐって、いつ?」さくたろう(4歳)
「ここに、かんらんしゃをつくるんだよ」(ありむ6歳)
「かんらんしゃ、ゆびよりちいさい」(ありむ6歳)
「なかまになったよな」
  • 専門家 青山 誠
  • 専門家 青山 誠(保育者)

横浜にある、「りんごの木」にて保育者として働く。主に4・5歳児歳クラスを担当。子どもたちからは「あおくん」と呼ばれている。

保育の傍ら、執筆にも携わる。保育エッセー「あかいボールをさがしています」で第46回「わたしの保育」(小学館)大賞を受賞。

著作に、絵本「あかいボールをさがしています」(文・青山、絵・くせさなえ/小学館)。保育実践集「こどもたちのミーティング~りんごの木の保育実践から」(柴田愛子と共著/りんごの木)

“子どもたちの声に耳を澄ませながら、日々保育を楽しんでいます。ふとした表情や、何気ない仕草、聞こえてきたつぶやき…子どもの心の声をそっとすくいとって、みなさんにお伝えできればと思っています。”

専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ