あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

森の福笑い〜身の周りの木々に親しむあそび〜


初めてでも楽しみやすい、ネイチャーゲーム!

木の表情ぬくもりを感じながら、身近な自然を通して楽しんじゃおう♪

子どもたちそれぞれの感じ方、考え方、表現を楽しめる自然あそびです。


遊びの環境


屋外で木のあるところ


使うもの(用意するもの)


・画用紙→丸、四角、三角に切っておく(直径5センチくらい)
・油性マジック
・ガムテープ(布)


ねらい


・身の回りの木々に興味、関心、親しみの気持ちを持つ
・自然の中の木に触れ、不思議さ、面白さなどに気づいたり発見したりして楽しむ


あそび方


1、1つの木に集まり、説明をしながら木の観察をしてみる。

たとえば…
 「この木々たちには、よーくみると鼻や口、目などの顔があるんだよ!」
 などの言葉がけをしながら、みんなで木の幹のようすをよく見てみる。



2、持ってきた画用紙に、マジックで黒目を描き、木の幹に実際に目を貼って見せる。


3、1人ずつに、目となる紙とマジックを渡す。
 ・使いたい形を選んでもらう
 ・先に目を描いても、木を選んでから書いてもどちらでもよい
 ・紙は多めに用意して、失敗してもいいようにしておく



4、それぞれに、顔のように見える模様や凹凸を探す。この時、気になった木を触ったり抱きしめてみたり、木と丁寧に触れ合うことを伝える。


5、目をつける所が決まったらガムテープで貼りつける。





6、全員が終わったら、集まってもらいみんなの作品を一つずつ見て行く。

 ・どこが口で鼻なのか。
 ・どんな気持ちなのか(怒っているのか、泣いているのか、笑っているのかなど)
 ・ストーリーができている場合はそれも聞いてみると良い
 
 例)トンボが目を回している所、きつねが泣いている所などそれぞれストーリーがある。




7、最後に、木に感謝の気持ちをこめて挨拶をして、目を外す。「ありがとう!」「またお邪魔するね」「楽しかったよ」など木にご挨拶をする。


★ポイント★


・こどもたちはそれぞれ感じ方が違うので、「笑ってる」「怒ってる」など、それを声に出して楽しみながら行うと良い。

・気づいたこと、発見したことを友だちと伝え合って喜ぶことができるようにする。

・いろいろな表情を楽しむ!


★留意点★


・人数が多い場合は、グループごとの活動にしても良い。

・記念写真を撮るとおもしろい。

その他のネイチャーゲーム

森の美術館〜発見やあそびが広がるおもしろ自然あそび〜
ノーズ〜生きものについての興味が広がるあそび〜
ノアの箱舟〜お話から展開して楽しめるあそび〜
コウモリとガ〜自然界の仕組みを実際に体験しながら学べる遊び〜
森の福笑い 〜身の周りの木々に親しむあそび〜
大地の窓~自然と一体になれるあったか遊び~
  • 専門家 田所 佳奈
  • 専門家 田所 佳奈(NPO法人伊豆こどもミュージアム、ネイチャーゲームリーダー・保育士)

静岡県伊豆市在住。母の影響で、こどものころからネイチャーゲームに親しみ、学生の頃にネイチャーゲームリーダーの資格を取得。保育士時代には、保育にネイチャーゲームを取り入れ、こどもたちと楽しんできた。

現在は、伊豆こどもミュージアム森遊び塾の中で、幼児から中学生までのこどもたちに天城の森の中でのネイチャーゲーム体験、森遊びを提供。こどもたちが自然の中で自らの力で育ち合っていける空間づくりを行っている。

“ちょっとしたアプローチでこどもたちの自然に対する見方がガラッと変わります。ここで紹介させていただくネイチャーゲームを通して、いつもの場所でも、新しい発見をみんなで分かち合っていただけたら、と思います。”

URL :
NPO法人伊豆こどもミュージアム
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 手軽度:
    ★★(やや準備が必要な遊び)
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    戸外
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ