あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

コドモコトノハ「はの、こうかん」まあれ(5さい)

秋です。運動会の季節です。
りんごの木の子どもたちは、運動会の種目を自分たちで決めます。

リレーや、綱引き、鈴割り、という定番も出ますが、「運動会」なんて見たことも聞いたこともない子もいて、大人の考える「運動会」とは全く違ったアイディアもでます。

「ピアノひききょうそう」と、しゅんたろう君。

それってどんなの?と聞くと、

「ピアノをふたつならべて、ふたりでひいて、どっちのおとがおおきいか、きょうそう」とのこと。

ピアノを運ぶのは大変そう、と言うと、


「じゃ、フエでいいよ。フエふききょうそう」

「みずいっきのみきょうそう」と、こうへいくん。

「コップにいれたみずを、どっちがはやくのめるか」

「はの、こうかん。」と、まあれちゃん。

「みんな、さいきん、はがぬけるでしょ。その、ぬけた、はをこうかんする。」


子どもたちの発想は、突飛で、やわらかで、おもしろいです。

もちろん、なんでもいいわけではありません。
運動会の種目を考える上で、3つの条件を出します。

「自分がやって楽しいこと」
「みんなができて、みんなが楽しいこと」
「見ている人が、なにをやっているかわかって、楽しいこと」


「マラソン」と、かずくん。

じゃ、やってみよう!ということになり、みんなでぐるぐる走ってみたところ、くたくたになり、「たのしくない、これ!」とあちこちから声が上がりました。

そこで、かずくんは

「じゃあ、5ふんでいいよ。それから、もうつかれた、はしれない!というひとは、はずれていい。ただし、はずれたら、もうもどれない。5ふんかん、さいごまではしれたひとは、みんな、ゆうしょう」

というルールを考えました。それならなんとかなりそうです。

考え直した方法で走ってみたところ、大半の子が5分、走りきることができました。
途中でやめた子も、自分で選んでいるので、納得した顔です。
トラックを回るたびに、見ている大人から応援されるのも、うれしそうです。

「これならいいよ」ということになり、「5分間マラソン」として、見事その年の運動会の種目に決まりました。


大人の既成概念を、いつも壊してくれる、頭のやわらかな子どもたちに拍手!



その他のコラム

「せんせいも、かれーすきだって。せいこといっしょだったよ」(せいこ6歳)
「ひーちゃんがほしいんだから、 はやいも、おそいも、ないのっ!」(ひろこ 5歳)
「まほうがほしい」(あさみ 5歳)
「そりゃぁ、あんまりだとおもったから」(けんじ5歳)
「こころのとびらが、しまってるの?」(あすか5歳)
コドモコトノハ「だけど、しんでる?」(しげる 5歳)
「はの、こうかん」まあれ(5さい)
「せかいじゅうの山 100m おおきな山です。」ゆうたん(5歳)
「もうすぐって、いつ?」さくたろう(4歳)
「ここに、かんらんしゃをつくるんだよ」(ありむ6歳)
「かんらんしゃ、ゆびよりちいさい」(ありむ6歳)
「なかまになったよな」
  • 専門家 青山 誠
  • 専門家 青山 誠(保育者)

横浜にある、「りんごの木」にて保育者として働く。主に4・5歳児歳クラスを担当。子どもたちからは「あおくん」と呼ばれている。

保育の傍ら、執筆にも携わる。保育エッセー「あかいボールをさがしています」で第46回「わたしの保育」(小学館)大賞を受賞。

著作に、絵本「あかいボールをさがしています」(文・青山、絵・くせさなえ/小学館)。保育実践集「こどもたちのミーティング~りんごの木の保育実践から」(柴田愛子と共著/りんごの木)

“子どもたちの声に耳を澄ませながら、日々保育を楽しんでいます。ふとした表情や、何気ない仕草、聞こえてきたつぶやき…子どもの心の声をそっとすくいとって、みなさんにお伝えできればと思っています。”

専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ