あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

コドモコトノハ「こころのとびらが、しまってるの?」(あすか5歳)


初めてのリレーにのぞんだ、4歳のみうちゃん。どうしても走れません。

バトンを渡されると、ポイッと投げてしまったり、その場にしゃがみこんだりしていまいます。
同じチームの子どもや保育者は、励ましたり、手を引いたりして、なんとか走らせようとしますが、みうちゃんはがんとして動きません。

そんな時に、そばに寄っていったあすかちゃんがそっとみうちゃんにささやきました。


「こころのとびらがしまってるの?」

みうちゃんは、こくっとうなづきました。
あすかちゃんも、初めてのことにはとても慎重な人です。だからきっと座りこんでしまう、みうちゃんの気持ちが手に取るようにわかったのではないでしょうか。

リレーってなに?どうしていいかわかんない。やりたくない!それをこんなにぴったりな表現で言い表せるなんて、すごいと思いました。
 
そうかそうか、閉まってるのか。じゃあ、走れないよね。
でも、みうちゃんの心の扉、開くといいね、と子どもも大人も口々に言いあいながらその日のリレーは終えました。

あすかちゃんのおかげで、まわりの人にもみうちゃんの気持ちが手に取るように伝わったのです。

きっかけって不思議です。その後ほどなく、みうちゃんは自分から走るようになりました。
バトンを持って、まずは部屋の中をぐるぐる走り回りました。みんなに、すごい、すごいと褒められます。それから外でも思いきりよく、走りました。これまた拍手喝采!

その日、お家に帰ったみうちゃん。「みうのこころのとびら、ひらいた」と言ったそうです。

自分の心にぴったりと寄り添ってくれる言葉は、心の扉を開けてくれるのですね。

運動会の当日も、みうちゃんは思いきり走りました。心の扉は?とみうちゃんに聞くと、両手をぐいっとうしろに回して「ひらきすぎて、こわれた」とのことでした。

その他のコラム

「せんせいも、かれーすきだって。せいこといっしょだったよ」(せいこ6歳)
「ひーちゃんがほしいんだから、 はやいも、おそいも、ないのっ!」(ひろこ 5歳)
「まほうがほしい」(あさみ 5歳)
「そりゃぁ、あんまりだとおもったから」(けんじ5歳)
「こころのとびらが、しまってるの?」(あすか5歳)
コドモコトノハ「だけど、しんでる?」(しげる 5歳)
「はの、こうかん」まあれ(5さい)
「せかいじゅうの山 100m おおきな山です。」ゆうたん(5歳)
「もうすぐって、いつ?」さくたろう(4歳)
「ここに、かんらんしゃをつくるんだよ」(ありむ6歳)
「かんらんしゃ、ゆびよりちいさい」(ありむ6歳)
「なかまになったよな」
  • 専門家 青山 誠
  • 専門家 青山 誠(保育者)

横浜にある、「りんごの木」にて保育者として働く。主に4・5歳児歳クラスを担当。子どもたちからは「あおくん」と呼ばれている。

保育の傍ら、執筆にも携わる。保育エッセー「あかいボールをさがしています」で第46回「わたしの保育」(小学館)大賞を受賞。

著作に、絵本「あかいボールをさがしています」(文・青山、絵・くせさなえ/小学館)。保育実践集「こどもたちのミーティング~りんごの木の保育実践から」(柴田愛子と共著/りんごの木)

“子どもたちの声に耳を澄ませながら、日々保育を楽しんでいます。ふとした表情や、何気ない仕草、聞こえてきたつぶやき…子どもの心の声をそっとすくいとって、みなさんにお伝えできればと思っています。”

専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。