あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

コドモコトノハ「まほうがほしい」(あさみ 5歳)


雨の日の雑談はまだまだつづきます。「いま、欲しいものってあるの?」という問いに、子どもたちが次々と答えていきます。

きょういち
「かめんライダーのベルトがほしい」

あさみ
「まほう」

青山
「えっ?」

あさみ
「(うっとりとして)まほうがほしいなぁ。まほう、つかえるようになりたい」

青山
「どんな魔法?」

あさみ
「たとえばさぁ、めのまえにローラーシューズよ、でろ!といえば、ほんとにでる。おっきなケーキとか、おっきなおしろも」

ひーちゃん
「ひーちゃんも、まほうほしい!」

きょういち
「でも、まほうはきえるよ」

あさみ
「きえないよ」

きょういち
「きえる、ぜったい」

あさみ
「きえない、ぜったい。きえないようにまほうかければいいんだもん」

しゅんじ
「でも、まほうとけるよ」

あさみ
「とけないよっ!」

ゆうた
「うん、そうだよね、1じかんか、2じかんか、3じかんくらいは、もつよね」

あさみ
「ずっと、もつ!ずっと!とけないように、まほうかければいいんだから」

青山
「魔法が使えるとしたら、どんな魔法つかいたいの?」

あさみ
「(うっとりして)あたしはやっぱり、なんでもだせるまほうかなぁ」

のりこ
「ママといっしょにほうきにのって、とんでみたいな。きもちいいだろうなぁ」

こま
「いちびょうで、かたづけができるまほう。ぱっとかけたら、さっと」

そうた
「とうめいマント。それをかぶると、すがたがけせるの。だれからもみえないの」

 風呂敷を一枚出してきて、そうた君に「とうめいマント」をやってみせてもらいました。そうた君が風呂敷をかぶると誰からも見えません。

「おーい、そうたー、どこにいったのー。」

前を通り過ぎると、そうた君がぱっと姿を現します。

「なぁんだ、そこにいたのか。」

また、そうた君が透明マントをかぶります。

「あれ?また消えたぞ、そうたー!」

 外では雨が降りつづいています。おしゃべりもまだまだ続きます。

その他のコラム

「せんせいも、かれーすきだって。せいこといっしょだったよ」(せいこ6歳)
「ひーちゃんがほしいんだから、 はやいも、おそいも、ないのっ!」(ひろこ 5歳)
「まほうがほしい」(あさみ 5歳)
「そりゃぁ、あんまりだとおもったから」(けんじ5歳)
「こころのとびらが、しまってるの?」(あすか5歳)
コドモコトノハ「だけど、しんでる?」(しげる 5歳)
「はの、こうかん」まあれ(5さい)
「せかいじゅうの山 100m おおきな山です。」ゆうたん(5歳)
「もうすぐって、いつ?」さくたろう(4歳)
「ここに、かんらんしゃをつくるんだよ」(ありむ6歳)
「かんらんしゃ、ゆびよりちいさい」(ありむ6歳)
「なかまになったよな」
  • 専門家 青山 誠
  • 専門家 青山 誠(保育者)

横浜にある、「りんごの木」にて保育者として働く。主に4・5歳児歳クラスを担当。子どもたちからは「あおくん」と呼ばれている。

保育の傍ら、執筆にも携わる。保育エッセー「あかいボールをさがしています」で第46回「わたしの保育」(小学館)大賞を受賞。

著作に、絵本「あかいボールをさがしています」(文・青山、絵・くせさなえ/小学館)。保育実践集「こどもたちのミーティング~りんごの木の保育実践から」(柴田愛子と共著/りんごの木)

“子どもたちの声に耳を澄ませながら、日々保育を楽しんでいます。ふとした表情や、何気ない仕草、聞こえてきたつぶやき…子どもの心の声をそっとすくいとって、みなさんにお伝えできればと思っています。”

専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。