保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

【2022年度版】12月の指導計画(月案)<4歳児・保育園>

新 幼児と保育
掲載日:2022/12/01
【2022年度版】12月の指導計画(月案)<4歳児・保育園>

保育園の12月の月案指導計画(月案)、4歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2022年秋号ふろく「2022年度版 指導計画」よりお届けします。

2022年8月1日より、ほいくる会員機能のご利用時には小学館IDが必要になりました。
ダウンロードをご利用の際は小学館IDでログイン、または小学館IDへの新規会員登録をお願いいたします。


前月末の子どもの姿

・クリスマスのつどいの練習を通して、目標に向かって頑張ろうとする姿が見られた。

・試行錯誤しながら全身を使って、壁登りや斜面登りに挑戦する姿が見られた。

今月のねらい

・友達と協力したり励まし合ったりしながら目標に向かって取り組み、達成感を味わう。

・季節の移り変わりを感じながら、大掃除をしたり必要なものを作ったりして楽しむ。

行事

・クリスマスのつどい

・クリスマスパーティー

・身体測定

・避難訓練

地域交流

・保育者がすすんであいさつを行い、地域の方々とのふれあいを大切にする。

・教会の聖堂にまぶね(降誕シーンのミニチュアセット)を見に行く機会を作る。

『新 幼児と保育』最新号のご購入はこちら