保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

2月の指導計画(月案)<2歳児・保育園>

新 幼児と保育
掲載日:2022/02/01
2月の指導計画(月案)<2歳児・保育園>

保育園の2月の月案指導計画(月案)、2歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2022年2/3月号ふろく「2021年度版指導計画」よりお届けします。

前月末の子どもの姿

・スノーウエアのファスナーやスノーカバーを上げたり、ぬれた手袋を洗濯ばさみで干したりして、自分で準備や片づけをしようとする姿が増えてきた。

・雪山に登り、お尻滑りやソリ滑りをして、ダイナミックに遊んでいる。また、保育者と雪で作った大玉を転がして、全身を使いながらどんどん大きくなるおもしろさを感じている。

・園庭から見た駐車場の除雪車になりきって、両手で雪を押し集めるなど、見立てて遊んでいる。また、まわりにいた子もイメージを共有して一緒に楽しむ姿がある。

今月のねらい

養護

・手洗いやうがいをして感染症予防に努め、室温、湿度、換気にも留意し、健康で快適に過ごせるようにする。

教育

・体を動かして雪遊びを楽しみながら、天気や気温による雪質の違いなど、自然事象への興味を深める。

・経験したことや興味のあることを遊びの中で表現し、イメージを共有して楽しむ。

子育て支援

・進級への取り組みの中で、意欲的な姿や不安な姿が見られることが予想される。子どもの姿を丁寧に伝えながら、思いに寄り添うかかわりを家庭と一緒にできるようにする。

環境構成

・園周辺に出かける際は事前に安全面の下見を行い、不思議や発見に出会う機会を持つ。

・消防署などに出かけ、放水を見たり消防車に乗せてもらったりして、みんなで共通の体験をする。なりきって身に着けるもの(お面や帽子、衣装など)や、牛乳パックで作った消防車、救急車などを用意する。

保健衛生

・手洗い場やトイレは常に清潔に保ちながら、手洗い、うがいをこまめに行い、感染症の予防に努める。

「新 幼児と保育」最新号のご購入はこちら