保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

磁石de迷路〜繰り返し楽しめるおもしろ迷路〜

磁石de迷路〜繰り返し楽しめるおもしろ迷路〜

クリップをつけたコマを、迷路の上で動かしてみよう!うまくゴールできるかな?

小さめサイズなら持ち運んで遊ぶことも♪

いろんな種類の迷路を、繰り返し楽しめるところも嬉しい製作遊び。


材料

・厚紙
・折り紙
・色画用紙
・クリップ
・磁石


使うもの

・はさみ
・のり
・クレヨン
・絵の具


作り方

1、厚紙をA4サイズより一回り大きめに切る。


2、折り紙を三角形に切り取り、写真のように重ねて袋状になるようにのりで貼る。
折り紙を三角に切り取り2つ重ねて袋状にした写真


3、作った三角形の袋を、厚紙の対角線に貼る。
(袋の部分に迷路の台紙を差し込むようにする。)

三角形の袋を対角線に貼った厚紙の写真


4、A4サイズの紙に好きな絵や迷路を描いて迷路の台紙を作る。
画用紙を切り取って迷路を走らせるコマを作り、クリップではさむ。

道の絵をいろいろ描いた紙の写真


5、ボール紙の台紙に作り方4で作った迷路をはさんだらできあがり!
コマの位置に、下から磁石を当てて迷路を動かしてみよう!

迷路で遊ぶ様子


★ここでポイント★

・ダンボールのように紙が厚すぎると磁石の力が伝わりにくくなってしまうので気をつけよう。

・オリジナルの迷路を作る楽しみはもちろん、自分だけのコマを作るのもおもしろい。

・迷路の台紙は抜き差しできるので、お互いに迷路を作って挑戦してみよう!

・小さめのサイズで作れば持ち運ぶこともできる。ちょっとしたすきま時間の遊びにも!



  • ままくるライター Kaori-itou
  • ままくるライター Kaori-itou

小学生男女児、幼稚園男児の3児の母。短大食物科、美大デザイン科卒業後、木製椅子メーカーに勤務。
退職後たまたまテレビで見た子供向け造形教室にときめき、造形教室アシスタントで経験を積んだ後、自宅と出張で教室を開催中。
子供達のアイデアと作品には毎回感動の連続で、とてもかなわないと思う。
ほいくるでの記事作成を通して短時間でもいかに楽しくアートな作品を作れるか知恵を絞り、自分の引き出しも広がっていくのを実感中。

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ