保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

画用紙なのに立体的な獅子舞〜材料2つで楽しむお正月製作遊び〜

まぃまぃ

画用紙なのに立体的な獅子舞〜材料2つで楽しむお正月製作遊び〜


今にもしゃべり出しそうな、大きな口が特徴的な獅子舞。

画用紙メインに、少ない材料で作れるところが嬉しい♪

お正月の時期にもってこいの製作遊び。



材料

・画用紙
・輪ゴム


使うもの

・のり
・はさみ
・セロハンテープ
・クレヨン


作り方

1、縦20㎝×横10㎝の長方形の赤い画用紙と、横幅は同じで縦幅を少し短くした白い画用紙を用意する。

画用紙を切り取り、獅子舞の目・鼻・耳などのパーツを作る。

長方形の画用紙と獅子舞のパーツの写真



2、赤い画用紙の中央に白い画用紙をのりで貼り合わせる。
顔のパーツも貼ったら、画用紙を4つ折りにする。

貼り合わせた画用紙をじゃばら折りにし顔のパーツを貼った写真



3、獅子舞の顔をクレヨンで描く。
絵を描く子どもの様子



4、裏側に、手を通すための輪ゴムをセロハンテープで貼り付けたらできあがり!
輪ゴムを取り付けた写真



5、輪ゴムに手を通して、獅子舞の口を動かしてみよう。
獅子舞の口を動かす子どもの様子



6、口を開けたり閉じたり、自由に動かせるよ♪
獅子舞の口を動かす子どもの様子

ポイント!

・輪ゴムに手を入れることで、安定して獅子舞を動かすことができる。

・輪ゴムの代わりに画用紙の帯を貼り付けてもOK◎

・獅子舞の口の中におはじきを貼れば、口をパクパクさせるたびにカチカチと音がなっておもしろい!

・音楽に合わせて口を動かしたり、獅子舞になりきっておしゃべりをしても楽しめる。

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?