保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

コンパクトキッチン〜ティッシュ箱で手作りおままごとグッズ〜

ティッシュ箱で、コンパクトキッチン

ティッシュ箱サイズのコンパクトなキッチン。

コンロのつまみもクルクル回って、ちゃんと火もつけられる♪

小さいけれど本格的なキッチンで、おままごとを楽しんじゃおう!


材料

・ティッシュ箱
・色画用紙
・折り紙(銀色)
・ペットボトルキャップ
・ボウル(ティッシュ箱の幅位の大きさ)


使うもの

・はさみ
・のり
・カッター


作り方

1、ティッシュ箱全体に色画用紙をぴったりと貼り、自由に飾りつける。
※この時、牛乳パックを切り取ったものを使ってのりを塗ると、塗りやすい(なくてもOK)。



2、コンロのつまみを作る。
つまみをつけたい場所にペットボトルのふたを置いて鉛筆でなぞり、円の直径に3、4本放射状に切れ目を入れる。



3、ペットボトルのふたを5㎜ほど押し込む。


4、シンクを作る。
ティッシュ箱の上に使いたいボウルより一回り小さな円を描いて切り抜く。



5、ふちまできっちりはまるよう、穴の大きさが小さければ広げて調節する。


6、蛇口を作る。
銀色の折り紙を半分くらいの長さに切り、鉛筆などに巻きつけて丸め半分に折る。
1㎝ほどの切り込みをいくつか入れて
下部分にいくつか縦に切り込みを入れて開き、のりをつけてシンク横に貼る。



7、コンロを作る。
2枚の画用紙を丸く切り抜き、1枚は火がついている時の様子なので赤色にする。
黒の色画用紙で、コンロの周りを作る。
丸く切りぬいた色画用紙とコンロの周りの黒い色画用紙を貼り合わせる。
それらを背中同士で貼りあわせてリバーシブルにする。



8、コンロのつまみを回して丸い色画用紙をひっくり返せば、まるでコンロに火がついたみたいに!

★ここでポイント★

・ティッシュ箱をつなげてコンロの数を増やしたり、食材を切る場所を作ったりしてもOK◎

・ちょうどいい大きさのボウルが無いときは、アルミホイルを巻いたカップ麺の空き容器でも代用できる。

・短く切ったすずらんテープをシンクに入れれば、水が入っているみたいに!お皿や食材を洗って遊べそう。


  • ままくるライター Kaori-itou
  • ままくるライター Kaori-itou

小学生男女児、幼稚園男児の3児の母。短大食物科、美大デザイン科卒業後、木製椅子メーカーに勤務。
退職後たまたまテレビで見た子供向け造形教室にときめき、造形教室アシスタントで経験を積んだ後、自宅と出張で教室を開催中。
子供達のアイデアと作品には毎回感動の連続で、とてもかなわないと思う。
ほいくるでの記事作成を通して短時間でもいかに楽しくアートな作品を作れるか知恵を絞り、自分の引き出しも広がっていくのを実感中。

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ