保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

フルーツバスケットのゲームルールや遊び方〜導入アイディアやアレンジ遊び〜

雨宮みなみ

フルーツバスケット〜ちょっとしたスリルが楽しいゲーム遊び〜

レク遊びや室内遊びにもってこいの、ゲーム遊び。

アイディア一つで、遊びやすくなったり難しくなったり…

ルールや、いろんな遊び方が楽しめるアレンジをご紹介!

使うもの

・椅子(人数より、1つ少ない数) 

遊び方(ルール)

1、椅子を輪にして並べ、内側を向いて座る。

2、一人、椅子の真ん中に立つ人を決める。

3、立つ人も含めて、子どもたちをそれぞれ3〜4種類のフルーツにわける。
例えば、一人ひとり、「りんご」「バナナ」「みかん」「もも」と順番に何のフルーツかを伝えていき、子どもたちは自分が何のフルーツか覚える。

4、自分のフルーツを覚えたところで、いよいよ開始!
真ん中に立つ人は、さっき組み分けられたフルーツのなかから、好きなフルーツの名前を言う。
例:「もも!」

5、自分のフルーツの名前を言われた人は、座っていた席から離れて、他の空いている席に座る。
この時、真ん中に立っていた人も空いている席を探して座る。

6、椅子に座れなかった人が椅子の真ん中に立ち、4〜5を繰り返す。

7、フルーツの名前を複数言っても、OK!
例:「りんごとみかん!」
また、フルーツの名前以外に、「フルーツバスケット」と言うこもできて、「フルーツバスケット」と言われたら、全員が席を移動する。

※注意

椅子に足をひっかたけたりしないよう安全面に注意して楽しもう!

導入アイディア

【その1】
さいしょは、フルーツの種類を2つなどにして、覚えやすくする。

【その2】
画用紙などに果物を描いておき、首から下げられるようにしておく。
それぞれ自分のフルーツのカードを首にかけておくことで、わかりやすくなる。

【その3】
人数分椅子を用意し、競うのではなくて、呼ばれた人が立って席を移動するゲームにすると、楽しみやすい。
乳児さんでも、楽しめるかも…?

発展遊び

「おにぎりバスケット」に「おやさいバスケット」?

【遊び方やルール】

フルーツをアレンジして、おにぎりの具や、野菜に変えてみるバスケットもおもしろそう…
おやつバスケットや動物バスケットなど、なんでも楽しめそう!

<おにぎりバスケットの例>
・うめぼし
・しゃけ
・こんぶ
・シーチキン

<おやさいバスケット>
・にんじん
・きゅうり
・じゃがいも
・トマト

なんでもバスケット!

【遊び方やルール】

“なんでも”なので、お題はなんでもOK。 例えば、
「今日朝、パンを食べてきた人」
「今日、洋服に黄色が入っている人」
「くつ下をはいている人」
「今楽しい人」
などなど、真ん中にいる人が、思ったことをお題として出す。

「なんでもバスケット!」で全員が移動する。

番外編!

クリスマスバージョン


クリスマスが待ち遠しい!そんなワクワク気分をさらに盛り上げちゃおう!

サンタクロースにトナカイ、ツリーはどうやって表現する?

みんなで丸くなって楽しむフルーツバスケットを、クリスマスバージョンにアレンジ♪

▶詳しくはこちら

いつものフルーツバスケットを、節分バージョンにアレンジ!

真ん中に立っている人が鬼…じゃなくて、みんなが鬼!?

節分の日だからこそ楽しめる、ちょっぴり変わったゲーム遊びはいかが?

▶詳しくはこちら

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?