保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

立体フレームアート〜思わず引き込まれちゃう!手作りフレームハウス〜

立体フレームアート〜思わず引き込まれちゃう!手作りフレームハウス〜

手作りの段ボールフレームで楽しむ、立体的な物語の世界!

スケッチした絵をチョキチョキ切って立たせたり、ぶら下げるだけで、立体感と奥行きのある雰囲気に。

思わず中に入って探検したくなっちゃいそうな、空間の楽しさ詰まった製作遊び。


材料

・画用紙
・段ボール
・白くて薄い紙(コピー用紙など)
・たこ糸(なければ他の糸でもOK!)


使うもの

・色えんぴつ
・絵の具
・筆
・パレット
・のり
・目打ち


作り方

1、作りたい物語や世界をイメージして、登場人物や景色など、自由にお絵描きする。
※各パーツは、箱の中にセットできる大きさで描くことと、間隔をあけて描くことがポイント。


画用紙に絵を描いた写真


2、フレームを作る。

5cm×15cmに切ったダンボールを4本作る。
写真のように組み合わせて、4つ角を、切ってのりをつけたコピー用紙でとめる。


4本のダンボールを四角く繋ぎ合わせコピー用紙で角を留めた様子


5、フレームの内側と外側に絵の具で色を塗る。

絵の具で色を塗る様子


6、小さな直角三角形に切った段ボールをフレームの角に付けて、フレームが倒れてしまうのを防ぐ。

フレームの内側の四隅に小さな三角形に切ったダンボールを固定した写真


7、1で描いたパーツを(折って自立させる分の余裕をもたせて)切り取る。
※背が高くて倒れてしまうものは、裏に細く切った段ボールをセロハンテープで貼って補強する。


お絵かきした木を切り抜き、裏をダンボールで補強した写真


8、上から吊るすパーツには、裏にセロハンテープで糸をつける。

虹などの吊るすパーツにヒモをつける様子


9、フレームの天井に目打ちで穴を開け、吊るすパーツを通して結んでとめる。

フレームの上に開けた穴に糸を通しパーツを吊るした様子


10、バランスを見ながらパーツを配置したらできあがり!

フレームの底部分に他のパーツを固定した様子


高さのある押しピンを壁に刺し、フレームひっかけると壁にも飾れる♪

壁に刺したピンにフレームを掛ける様子


★ここでポイント★

・空飛ぶ電車と町並み、気球と草原、宇宙、海の中など…いろんな世界を作ることができる。

・大きなフレームを作って、みんなで1つの作品にチャレンジしてみても楽しい!

・できあがったら、自分の作った作品と物語をみんなに紹介してみたり、ごっこ遊びをしたり、いろんな楽しみ方が。



  • ほいくるライター
  • ほいくるライター
ほいくるライターとは?
ほいくるを運営している遊びクリエイター集団によるオリジナル記事。コドモガラクタラボを通して生まれた遊びや、遊びクリエイティブMTGで生まれた遊びなど、日々こどもの笑顔を思い浮かべながら作成しています。
関連リンク :
https://www.kids-color.co.jp/recruit/
  • 年齢:
    幼児
  • 活動場所:
    室内
  • 手軽度:
    ★★★(事前準備が必要な遊び)
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ