あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【工作コラム】にょっきり!しゃくとりむし〜素材/フェルト〜

【工作コラム】にょっきり!しゃくとりむし〜素材/フェルト〜

見ていて飽きない、しゃくとりむし。

そんなしゃくとりむしのユーモラスな動きを再現できる工作を考えてみました。

使う素材は…「フェルト」です。

エピソード

なんだか肌寒い日が続いていましたが、やっと春らしくなってきましたね。

子どもたちとよく行く公園や我が家のベランダでも、青虫やアリ、てんとう虫など色々な虫たちが顔を出してきました。

その中で、一番ユーモラスな動きだなぁと思うのはやっぱり「しゃくとりむし」。

あの、
みょー・ん
みょー・ん
という進み方、見てて飽きないですよね。

今回は、そんなしゃくとりむしの進み方を再現できる工作を考えてみました。


材料

・フェルト(緑・黄色)
・磁石 2個(強力なタイプのもの)

使うもの

・ハサミ
・両面テープ
・ボンド
・油性ペン

作り方

1、緑のフェルトを、12cmほど切り取ります。
幅は磁石の直径より少し広くします。


2、磁石の裏表に両面テープを貼り、1のフェルトの両端で包み接着させます。


3、フェルトの端を少しカットし、丸みをつけます。


4、黄色のフェルトをカットして、ボンドで接着して頭にします。黒い油性ペンで気門を書いて、少しリアルにしたら…完成!

遊び方

公園などでしゃくとりむしを観察したあと、手で動かしながら垂直な缶などを登らせて、しゃくとりむしの動きを再現してみましょう。


みょー…







みょー…







む、頂上に…



ついた!

★ここでポイント★

動き方の再現あそびを楽しんだら、

・しゃくとりむしは何を食べているの?
 (葉っぱを食べます)

・大きくなった何になるの?
 (蛾になります)

など、クイズを楽しんでみてください。


  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ