保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

ひな人形(張り子編)~コロコロかわいい雛人形~

ほいくる編集者
ひな人形(張り子編)〜コロコロかわいい雛人形〜


時間をかけてじっくり作り上げる、置き物形ひな人形。 

ちぎり絵の味のある雰囲気がとっても素敵な人形です。

時間をかけて作った分、長く飾っていたくなっちゃうかも?

材料

材料


・水風船(2こ) 
・コピー用紙
・画用紙…顔用、髪の毛用、装飾や小物用
・画用紙または千代紙 …着物用(おだいりさま、おひなさま、それぞれ好きな色)

使うもの

・ポンプ(水風船をふくらませるもの。100円均一ショップなどでセットで売っているものでOK!)
・ヤマトのり
・クレヨン

作り方

1、コピー用紙と画用紙を、2cm角くらいの大きさにちぎる。

画用紙をちぎった写真



2、水風船2つを、適当な大きさに膨らませる。

水風船を膨らませた写真



3、1のコピー用紙を軽く水に濡らし、2の水風船全体に隙間なく貼りつける。

風船に白紙を貼り付けた写真



4、3のコピー用紙が乾く前に、水で溶いて少しのばした水のりをはけなどで塗り、重ねてコピー用紙を隙間なく貼っていく。この時、人形の下になる方の部分に、少し多く重ねてコピー用紙を貼っておく(安定させる)。

5、4が乾いたら、最後に色画用紙を、髪、顔、体(着物)の色に分けて4と同じように貼る。

色画用紙を貼り付けた写真



6、乾くまでの間に、せんすやしゃく、かんむり、えぼしなどの小物を画用紙などで作っておく。

画用紙で作った小道具の写真



7、5が乾いたら、クレヨン(もしくはペンなど)で顔を描く。

8、6で作った装飾品を7の人形に貼り付けて出来上がり♪

ひな人形の完成図



ポイント!

・少し根気のいる作業なので、子どもたちの意欲が高まっている時におすすめ! 何回かに分けて行うのも良いし、工程が長いので、時間に余裕があると子どもたちも自分のペースで進められる。

・着物の色は、子どもたちが自分が作った人形に着せてあげたい色を自分たちで考えてみるとおもしろい♪それぞれの個性がより引き立つ雛人形になるかも?  

・風船の大きさは適当で良いが、あまり大きすぎるとその後の作業が大変になってくるので、相談しながら子どもたちが自分で考え膨らませるのがおすすめ。

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?