保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

\ 右上の「さがす」で検索できるよ! /

マジックピクチャー〜五感で遊ぼう!「見る」造形かがく遊び 第2回~

新 幼児と保育
掲載日:2021/06/01
マジックピクチャー〜五感で遊ぼう!「見る」造形かがく遊び 第2回~

「見る(視覚)」をテーマに3回シリーズでお届けする造形かがく遊び、第2回は見る方向によって絵が変わる「マジックピクチャー」です。
歩きながら見て、変化する不思議な絵を楽しみましょう。

(この記事は、『新 幼児と保育』2021年4/5月号 に掲載された連載「造形かがく遊び」を元に再構成しました)


プラン・制作/築地制作所

材料

・工作用紙
・画用紙
・ダンボール板

    使うもの

    ・両面テープ
    ・セロハンテープ
    ・木工用接着剤
    ・マーカー
    ・マスキングテープ
    ・カッター

    作り方

    1、下のイラスト(A)のように、帯状に切った工作用紙を折って直角二等辺三角形の三角柱を作り、セロハンテープでとめる。これを4~8本作る。

    2、1を横一列に並べ、それよりやや大きいサイズのダンボール板に木工用接着剤で貼りつける。

    3、三角柱の山側の面(等辺になっている面)の大きさ×並べる三角柱の数のサイズの画用紙にマーカーで絵を描く。
    違う絵柄で2枚作る。

    4、描いた絵を、それぞれ三角柱の山側の面の幅に切り(三角柱の数の等分)、それぞれの絵を、山の右面と左面に順番を間違えないように両面テープで貼る。

    5、絵のふちにダンボール板を細く切った額を木工用接着剤で貼りつけ、マスキングテープを貼って飾る。

    できあがり!


    遊び方

    子どもの目線くらいの高さに絵を貼り、左右から見て、絵が変わる過程を楽しむ。

    絵を少し左側から見ると……

    もっと左寄りから見るとチョウになる。

    絵を正面より少し右側から見ると……

    もっと右寄りから見ると、てんとう虫になる。


    見る遊び「導入アクション」のすすめ

    見るという刺激・情報は、とても大きなものです。子どもたちは、いつもどんな世界を見ているのでしょうか。じーっと何かを見つめる子、パッと見てすぐに次へ移っていく子。一人ひとり見ているその世界を、大切にしたいですね。

    春の園庭や自然の中には、子どもたちの「目をひく」ものたちが、そこかしこに潜んでいます。小さな花のつぼみ、石の陰に隠れていたダンゴムシ、おもしろい形の葉っぱ……。指を丸く合わせ筒状にし、目に当て双眼鏡に見立てながら、「何かいいものが見つかるかな?」と宝探しごっこをするだけでも、子どもたちの目が輝くでしょう。


    教えてくれた人

    築地制作所( つきじせいさくしょ)
    造形作家とフリーの編集者による制作ユニット。「造形と子どもの遊び」をテーマに、書籍、雑誌、ワークショップなどで活動を展開。著書に『5回で折れる! 遊べる折り紙』『すぐに作れて大満足 かんたん! 遊べる! ビックリ工作』(ともにPHP研究所)などがある。

    文/神﨑 典子 撮影/茶山 浩 イラスト/とりごえ こうじ

     

    この記事の出典  『新 幼児と保育』について

    新 幼児と保育(小学館)
    保育園・幼稚園・認定こども園などの先生向けに、保育をより充実させるためのアイデアを提案する保育専門誌です。
    築地制作所による「造形かがく遊び」が好評連載中!

    ▶公式ページはこちら 

    ログイン

    ほいくるのIDをお持ちの方は
    このページからログインできます。

    登録はお済みですか?

    ほいくるメイトになる(登録)