保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【工作コラム】段ボールに窓をあけよう〜素材/段ボール〜

吉田麻理子


窓を開ければ「段ボール」がおうちに早変わり!
段ボールカッターで簡単にできる、窓の作り方です。
 
使う素材は…「段ボール」です。


エピソード

我が家は里山の中にあるので、買い物をするのにネット通販を利用することがよくあります。
買った物が入っている段ボールは、子どもたちの格好の工作材料に。

今までは7歳の息子が主導で、ぬいぐるみたちの家や基地を作っていたのですが、最近は、4歳の娘も段ボールカッターに興味を持ち始め、「なにか、つくってみたい!」と言うようになりました。

そこで先日、書いた線を切って、段ボールに「窓」を開けることから挑戦してもらいました。


材料

・段ボール


使うもの

・段ボールカッター


作り方

1、段ボールの側面に、「工」の字を書く。上と下の線の長さは同じにします。
(だいたいで大丈夫です。)


2、「工」の上の線の端に、段ボールカッターを「ズボッ」っと突き刺します。
この作業は力が必要なので、大人がしても良いでしょう。


3、のこぎりを挽くように、上下にカッターを動かしながら、ギコギコ切り進めます。


4、同様に、「工」の縦線を切ります。


5、「工」の下の線を切ります。 


6、段ボールの内側から見ます。「工」の上下の横線の端(点線の部分)を、カッターの歯で軽く切ります。
この時貫通させないようにしましょう。
この作業をすることで、窓が開け閉めしやすくなりますよ!


7、内側から、窓を手で「ボコッ」っと押し出すと、窓が開きます!


遊び方

ぬいぐるみや人形を入れて、おうちごっこができます。

ポイント!

段ボールカッターは通常のカッターより、刃が鋭利ではなく(小さなのこぎりのようになっています)、子どもでも比較的扱いやすいですが、安全のため大人が見ている場所で作業するのが良いと思います。

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?