あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【工作コラム】ぱくぱくポットンわんこ!〜素材/ラップの芯


【工作コラム】ぱくぱくポットンわんこ!〜素材/ラップの芯

撮影用の背景紙の芯で、息子が考えた工作のミニ版をご紹介します。

使う素材は…「ラップの芯」です。

エピソード

ちょっと変わった素材を見つけると、なんでも工作に使ってしまう5歳の息子。

先日も、撮影用の背景紙(大きな模造紙)を巻いてある、長さ1mほどの芯(ラップの芯の巨大版)を見つけ、「ママ!これ工作に使っていい?!」と声を掛けられました。

「えー。それ背景紙巻くのに使ってるしなぁ。」と躊躇していると、「いいからいいから。ママが絶対好きなやつ思いついちゃったから。」とのこと。

え、なんだろうそれ、見ていたいな…と私も思ってしまい、OKすると…
背景紙の芯に、紙で作った目を付けて…!
「ほら、できた!これね、口にボールをいれるとね…」

…なるほど!面白いじゃないか!!
というわけで、今回ご紹介するのは、この工作のミニ版です。


材料

・ラップの芯
・ペットボトルのふた
・色画用紙
・スーパーボール(ビー玉でもOK)


使うもの

・セロハンテープ
・ハサミ
・ペン


作り方

1、ラップの芯を用意します。


2、丸めたセロハンテープで、ペットボトルのふたを端に貼り、傾斜をつけます。


3、色画用紙を切り、わんこの目・耳・足をつくります。
それぞれを丸めたセロハンテープで貼って、完成!



遊び方

わんこの口から、ごはん(スーパーボール)を食べさせてあげましょう。
「はい、ごはんだよー!」

…ポットン!!
食べたらすぐ出すタイプなのねー!!

★ここでポイント★

ラップの芯が複数手に入れば、繋げて「きりん」にしても、面白そうです。


  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。