保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【工作コラム】スポンジで簡単びっくり箱!〜素材/スポンジ・空き缶

【工作コラム】スポンジで簡単びっくり箱!〜素材/スポンジ・空き缶

温泉旅館でいただいた子ども用のスポンジから、手品のような工作遊びを考えてみました。

使う素材は…「スポンジ・空き缶」です。

エピソード

先日、家族で温泉旅行に行ってきました。
宿泊した旅館で、子供用のアメニティをいただいたのですが、その中の「くまさんのスポンジ」を子どもたちがすっかり気に入り、おしゃべりをさせてみたり、壁を登らせてみたり…
中でも盛り上がったのが、くまさんを小さく丸めて手の中に入れ、「どっちの手に、はいってるか!」を当てる遊び。
手を開くと、くまさんが「びよん!」と飛び出してくるのです。

今回は、そんな子どもたちとの遊びから、手品のような工作遊びを考えてみました。


材料

・スポンジ
・小さな空き缶
・紙


使うもの

・ペン
・セロハンテープ


作り方

1、今回は、旅館でいただいたくまさんのスポンジと、紅茶の入っていた缶を使ってみました。
普通の四角いスポンジをハサミでカットして、動物や人の形にしたものでも、十分代用が可能です。



2、缶の中に、スポンジを入れます。


3、スポンジをぎゅーっと押し込んで、フタを閉じます。


4、思わず空けたくなるような一言を紙に書いて、セロハンテープを丸めてフタに留めます。
これで完成!



遊び方

さぁ!あけてみると、どうなるか…!?

びよーん!!
くまさんが入ってたー!!!!!

★ここでポイント★

缶はなるべく小さめのものを選んでみてください。
スポンジは小さく縮めるほど、飛び出す力が大きくなるためです。



  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ