保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【工作コラム】びよーん!おもしろフェイスくん!〜素材/ホルダー

【工作コラム】びよーん!おもしろフェイスくん!〜素材/ホルダー

スーパーの食品売り場に置いてある、重い荷物を引っかけるアレで、工作を考えてみました。

使う素材は…「ホルダー」です。

エピソード

最近、我が家の子どもたちが気に入っている素材があります。

スーパーの食品売り場で、レジの横に置いてある重い荷物を引っかけるための、10cmくらいのプラスチックの、水鳥のような形ををしている、アレ。
みなさま、伝わりましたでしょうか…!?

今回、こちらのコラムでも、アレをテーマにしたく、きっと特別な名称があるのだろうなぁと思い、いつも買い物をしている大手スーパーIさんに問い合わせてみました。

私「すみません。あの、レジを出たところに置いてある、重い荷物を引っかけて運ぶためのアレ、名称を教えて頂くことは可能でしょうか…?」
I「かしこまりました!少々お待ちくださいませ。」

…5分ほど経過

I「お客様、大変お待たせ致しました。荷物を引っかけるアレですが…『ホルダー』という名称でした。」
私「ホルダー!!!意外とシンプルですね…!」
I「はい、もっと高尚な名前があるかと思いましたが…!」

スーパーIの吉田さん(同じお名前の方でした!)、お忙しい中ご丁寧なご対応、感謝致します…!

というわけで、今回は、スーパーの「ホルダー」を使った工作です。
重い荷物を運んだ後に、ぜひ試してみてくださいね。


材料

・ホルダー…2つ
・輪ゴム…2つ
・色画用紙
・セロハンテープ


使うもの

・はさみ

作り方

1、「ホルダー」を2つ用意します。


2、ホルダーの端にそれぞれ、輪ゴムを1つずつひっかけます。


3、上のホルダーに、画用紙で作った目と鼻を、セロハンテープで付けて、完成!
セロハンテープは目立たないよう輪にして、後ろに貼りました。



遊び方

上下のホルダーを持ち、お話しをしているように動かしてください。

「ぼく、おもしろフェイスくん!え、なに?かっこいいって…!?」

「わーい!うれしいな!!こんなに口が、大きくなるんだよー!!」

★ここでポイント★

目や鼻を変えたり、くちびるをつければ、かわいいフェイスちゃんにもなります。
おもちゃの食べ物を、食べさせてあげても面白そう!



  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ