あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【工作コラム】「わたしもママよ!」おままごと用おんぶひも〜素材/幅広ゴム

【工作コラム】「わたしもママよ!」おままごと用おんぶひも〜素材/幅広ゴム

お母さんごっこが大好きな娘のために、小さなおんぶひもを作ってみました。

使う素材は…「幅広ゴム」です。

エピソード

2歳の娘は最近「お母さんごっこ」が大好き。

小さな人形に「よしよし。ままだよ。」と優しくしてあげたり、5歳の兄が洋服を着るのを手伝ったり(笑)など、小さなお母さんを演じています。

何もなくても楽しそうだけれど、何か小道具があればもっと楽しいかも。
今回はそんな娘に、お母さんごっこ用の小さなおんぶひもを作ってみました。


材料

・幅広ゴム(幅2-3cm・長さ100-140cm程度)

使うもの

・はさみ
・糸と針(またはミシン)


作り方

1、用意した幅広ゴムを1/2にカットします。
身長85cmの娘は幅広ゴム100cmでぴったりの大きさのおんぶひもができました。
お子さんの身長にあわせて長めのゴムを用意してあげてください。



2、ゴムの端と端を2cmほど重ね、縫います。
ミシンでも手縫いでもOKです。



3、1で作ったゴム、2本とも縫いましょう。
輪が2つできます。



4、3で作った輪を組み合わせ、「バツ」の形にします。
ゴムが重なり合うところを縫い合わせれば、完成!


遊び方

タスキのように掛けて使います。


前にぬいぐるみを入れれば、だっこ。


後ろに入れれば、おんぶができます!
娘もとても気に入ってくれたようで、この日はこのまま保育園に行きました。


★ここでポイント★

作り方4でゴムを縫い合わせるときは、2・3の縫い目を避けた方が、厚くなりすぎず縫いやすいです。

  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ