保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【工作コラム】「わたしもママよ!」おままごと用おんぶひも〜素材/幅広ゴム〜

吉田麻理子
掲載日:2016/11/16
【工作コラム】「わたしもママよ!」おままごと用おんぶひも〜素材/幅広ゴム

お母さんごっこが大好きな娘のために、小さなおんぶひもを作ってみました。

使う素材は…「幅広ゴム」です。

エピソード

2歳の娘は最近「お母さんごっこ」が大好き。

小さな人形に「よしよし。ままだよ。」と優しくしてあげたり、5歳の兄が洋服を着るのを手伝ったり(笑)など、小さなお母さんを演じています。

何もなくても楽しそうだけれど、何か小道具があればもっと楽しいかも。
今回はそんな娘に、お母さんごっこ用の小さなおんぶひもを作ってみました。


材料

・幅広ゴム(幅2-3cm・長さ100-140cm程度)

使うもの

・はさみ
・糸と針(またはミシン)


作り方

1、用意した幅広ゴムを1/2にカットします。
身長85cmの娘は幅広ゴム100cmでぴったりの大きさのおんぶひもができました。
お子さんの身長にあわせて長めのゴムを用意してあげてください。

カットした2本のゴムの写真


2、ゴムの端と端を2cmほど重ね、縫います。
ミシンでも手縫いでもOKです。

ゴムの両端を縫い合わせる様子


3、1で作ったゴム、2本とも縫いましょう。
輪が2つできます。

2本とも輪っか状にした様子


4、3で作った輪を組み合わせ、「バツ」の形にします。
ゴムが重なり合うところを縫い合わせれば、完成!

ゴムをバツの形にし中心を塗いつけた様子

遊び方

タスキのように掛けて使います。
ゴムをたすき掛けした子どもの様子


前にぬいぐるみを入れれば、だっこ。
ゴムの中にぬいぐるみを入れた様子


後ろに入れれば、おんぶができます!
娘もとても気に入ってくれたようで、この日はこのまま保育園に行きました。

背中側にぬいぐるみを入れおんぶする子どもの様子

ポイント!

作り方4でゴムを縫い合わせるときは、2・3の縫い目を避けた方が、厚くなりすぎず縫いやすいです。

何からさがす?

こどもの姿

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?