あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【保健コラム】目にゴミが入った時の正しい対処法

【【保健コラム】目にゴミが入った時の正しい対処法

目にゴミが入って痛くて泣いている子がいたら、どうしていますか?
目を洗う?涙でごみが取れるのを待つ?

今回は、保健指導にも使える簡単にゴミが取れる方法をご紹介!


使うもの


・水
・ティッシュ

ゴミの取り方

※必ず、手をきれいに洗ってから行いましょう!
1、ティッシュを水につけ、ゆるく絞る

2、こどもを寝かせ、頭を支えて目薬を垂らすように水を垂らす


3、ゴミが浮いてきて流れ落ちたら、別のティッシュでふき取る

補足

この方法、実は子どもたち、嫌がることがあります。
「何をされるかわからない」と大人でも不安ですよね。

子どもの時、何をされるか分からない怖さから病院がトラウマになったことはありませんか?
小児への治療では、遊びながらこれからどんな治療をするのか説明することがあります。
お人形を患児が治療することで、どのようなことをするのかわかり、「元気になるため」という動機付けにもなります。
それでも嫌で泣いてしまうのですが、知らずにやられるよりは子どもの受けるストレスが異なります。

そこで!
今回は、子どもの恐怖心を保健あそびで取り去る方法もご紹介◎
あそびの中で、目にゴミが入った時にどの様にとるかを知っておくと、実際の場面で予測ができます。
子どもが不必要な不安を感じなくてすむだけでなく、大人も落ち着いて処置をすることができますね!

保健あそびで子どもの恐怖心を取り去ろう!

必要なもの

・お人形(布でないほうが濡れた時にふき取りやすい)
・水
・ティッシュ
・目の粗い砂

導入

人形が目に砂が入っちゃったと泣いていることを伝える。(どうしたらいいかな?など聞いてみても良いですね)

実施

ティッシュを濡らしゆるく絞る。
お人形の頭を固定し、目に水を垂らす。

ゴミが取れてにっこり!

子どもたちにお人形のごみをとる体験をしてもらってもいいですね。

★ここでポイント★

本当にごみが目に入った時には、
・目をこすらない(目に傷がつく)
・すぐに(保育士や)大人の人に伝える
・お友達同士でごみをとろうとしない

この3つを約束しましょう!!


  • 専門家 Tomoko Kamiya
  • 専門家 Tomoko Kamiya(保健師/看護師/保育士)

1982年に三重県で産声をあげる。
名古屋市立大学看護学部看護学科卒業。
大学病院の周産期医療センター(NICU)、横浜市内の認可保育園に看護師として勤務後、平成28年3月に、「産後を生きるすべての女性がご自分の愛のお花を咲かせられますように」という理念のもと、おうち訪問型で産後女性とベビーへの心と体のセラピーをおこなうmamapanthusを立ち上げる。
プライベートでは4歳になる娘の母(最近女子化している娘についていけないと思っている…)。

国家資格―保健師、看護師、保育士
民間資格―Nao認定3級フィトテラピスト・IHTA認定チャイルドボディセラピスト・JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト・TTMS(タイ伝統医療協会)認定セラピスト

URL :
mamapanthus
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ