保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

言葉の線画遊び〜イメージを表現して楽しむお絵かき遊び〜

言葉の線画遊び〜イメージを表現して楽しむお絵かき遊び〜

“ふわふわ””ちくちく””もぞもぞ”…身の回りに溢れている、何かを表現する言葉。

その言葉を線にしてみたらどんな線になる…?

より表現が広がる道具や遊び方をご紹介。


材料

・紙(画用紙、コピー用紙など何でも)
・描くもの数種類
(黒い絵の具、クレヨン、ペン、鉛筆など)


使うもの

・パレット
・筆
・水入れ


遊び方

まずは何種類かの画材を用意する。
太い筆、中くらいの太さの筆、細い筆、平たい筆などがあるとよい。
その他
鉛筆やクレヨン、ペンも用意して、自由に選べるようにする。

※絵の具は、まずは黒1色で始めると良い(色数を多くすると色に気持ちがいってしまうので、黒1色の方が望ましい)。



感覚を表す言葉を、線にして表現してみる。

<例>ふわふわした線



何人かいれば、きっとその数だけのふわふわした線ができあがる。
1種類だけではなく、思いつく限りのふわふわな線を描いてみよう!




線のアイデアがたくさん出たら、次は単純な形を描いてみる。

例えばふわふわしたりんご。



綿毛のようなふわふわもあり。
こちらは、筆をねじるようにして描いたアイデア。




次は、違う線を描いてみよう。

例えばちくちくした線。



描いているうちに気分が乗ってきて、思わず手で描いてしまったり。
色んなアイデアが飛び出してくるよ。




ハリネズミの背中のちくちく!


ちくちくした線をたくさん発明したら、今度はちくちくりんごを描いてみよう。



ひとりひとり、ぜんぜん違う作品ができあがってくる。



今までに描いていない種類の線。


点で描いたり、縦線を並べたり、ギザギザしていたり…
無限のアイデアが出てきておもしろい。




最後に、友だちの作品も見てみよう。どの線が好き?これはどうやって描いたの?など、色々話してみると、さらに発見があるかも。


★ここでポイント★

・絵を描くのが苦手な子でも、どんどん描いてしまいたくなるプログラム。線をたくさん描いた後に描く形は、りんごや三角、四角などの単純な形だと続けて楽しみやすい。

・途中、お題から外れてしまったり手形を押し始める子がいても、止めずにそのまま描き進められる環境を大切に。
そこにはきっと創作するエネルギーが生まれているはず。

・友だちと描くのが難しい場合は、無理せず描きやすい環境で。
ただ、保育者など大人と描いてみたり他の子の絵を見たりすることで、自分以外の人の世界を知ることができ、1つの刺激にもなる。



  • ままくるライター Kaori-itou
  • ままくるライター Kaori-itou

小学生男女児、幼稚園男児の3児の母。短大食物科、美大デザイン科卒業後、木製椅子メーカーに勤務。
退職後たまたまテレビで見た子供向け造形教室にときめき、造形教室アシスタントで経験を積んだ後、自宅と出張で教室を開催中。
子供達のアイデアと作品には毎回感動の連続で、とてもかなわないと思う。
ほいくるでの記事作成を通して短時間でもいかに楽しくアートな作品を作れるか知恵を絞り、自分の引き出しも広がっていくのを実感中。

ままくるライターとは?
かくれ保育士さん(潜在保育士さん)や、保育士資格は無いけれど、子どもとの遊びを楽しんでいる子育て中のママさんが投稿してくれた記事。子育てしながら無理なくできるお仕事として、楽しみながら記事投稿してくれています。
関連リンク :
https://mamaclue.me/
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ