保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【工作コラム】目がうごく!キョロキョロボーイ〜素材/磁石〜

【工作コラム】目がうごく!キョロキョロボーイ〜素材/磁石〜

子どもたちへのお土産に、100円ショップで25個入りの強力磁石を入手しました。

手渡してみると…遊ぶ遊ぶ。
中でも子どもたちがキャッキャと笑って喜んでいた遊びをご紹介したいと思います。

使う素材は…「磁石」です。


エピソード

先日、子どもたちへのお土産に、何か実験的な遊びができるものが無いかな…と探していたところ、100円ショップで25個入りの強力磁石を入手しました。

手渡してみると…遊ぶ遊ぶ。

たくさん付けて合体させてみたり、アニメキャラの人形をくっつけて動かしたり、敵をやっつけるヒーローを作ってみたり(目が磁石でした 笑)磁石って色々遊べるものだなぁと感心。

中でも子どもたちがキャッキャと笑って喜んでいた遊びを今回はご紹介したいと思います。

材料

・磁石 4こ
・ダンボール
・色画用紙

使うもの

・ハサミ
・ノリ
・両面テープ

作り方

1、横20cm・縦30cmくらいの大きさのダンボールを用意します。
ダンボールを四角く切った写真


2、色画用紙で、顔を体を切り抜き1のダンボールに貼ります。
ダンボールに顔の形に切った画用紙を貼り付けた写真


3、さらに色画用紙で眉毛・鼻・口を切り抜きダンボールに貼ります
顔の上に眉毛鼻口をつけた写真


4、両目にかかる大きさのダンボール片を別途用意します。
目の部分に他のダンボールを乗せた写真


5、4のダンボールに、磁石を両面テーぷで貼り付けます。両目の位置に、合わせて貼りましょう。
目のダンボールの上に目の位置にあわせて磁石をおいた写真


6、5で作ったパーツを、ダンボールの裏に置きます。目の位置に合わせて置いてください。


7、裏側にある6のパーツの磁石にくっつくように、顔の上に2つ磁石を置いて「目」にします。
これで完成!
完成品の写真


遊び方

裏側にあるパーツを動かすと、「目」も一緒に動きます。


「お、ボールが転がってきたぞ…!」


「むむ!今度はミニカーだ。」


「頭に鳥が!ぼくは大人気だなぁ。」

★ここでポイント★

簡単に作る場合は、顔は色画用紙ではなくペンやクレヨンで書いてもOKです。


  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ