保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

飾り時計〜針がぐるぐる回る、手作り時計♪〜

雨宮みなみ
飾り時計〜針が回る、手作り時計♪〜


自分の時計を持ってたら、ちょっとうれしい。

本当に針が回る時計だったら、もっとうれしい。

そんな子どもたちの想いを取り入れた、自分で作る飾り時計♪

数字や時間への興味も深まるかも?



材料

材料として使う厚紙、色画用紙、モールの写真


・厚紙1枚
・色画用紙(台紙用、時計の針用、数字用)1枚
・モール 1/2本
・セロハンテープ

使うもの

・はさみ
・のり
・ペン、クレヨン

準備

年齡に合わせて準備内容は配慮する。

・時計用の画用紙に、円を描いておく。

画用紙の中心に円を描いた写真



・時計用の針(大小1本ずづ)を作り、組み立てた際中心となる側に穴を空けておく。

画用紙で作った大小2本の時計の針の写真



・画用紙に、マス目を描き、数字を記入しておく(数字が書ける場合、マス目だけ記入しておく)。

マス目の中に1から12までの数字を描いた画用紙の写真



作り方

1、時計用の画用紙を、線に沿って丸くはさみで切る。

円形に切り抜いた画用紙の写真



2、時計の数字が書かれたマスを、はさみで切る(自分で数字が書ける場合、自分で数字を書いて切り取る)。

1から12までの数字をマス目で切り取った写真



3、台紙の厚紙に時計の円をのりで貼り合わせる。

4、3の上に、2で切った数字を時計を見たりしながら並べてみる。

円形の画用紙の上に数字を時計と同じ様に置いた写真



5、並べられたら、のりで貼り合わせる。

6、余白に好きな絵を描く。

時計を貼った画用紙の余白に絵を描いた写真



7、保育者が時計の真ん中に穴をあける。

8、モールを半分に折り、折った中心部分をくるりと回して小さく丸める。

半分に折られたモールの写真



9、モールの開いている方を、針2本→時計中心の穴の順に通し、うら側をセロハンテープで止めたらできあがり♪

大小2本の針をモールで留め完成した時計の写真

★簡単アレンジ法★

〜年齡や時間に合わせて製作過程を簡単にする場合〜
・時計の数字の部分を直接書き込む。

・保育者が予め書き込んでおくか、もしくは12個の丸い枠を作っておき、中に子どもたちが自分で数字を書き込んでも楽しめる。

★ここでポイント★

・対象の子どもたちの年齡や姿に合わせ、製作内容を配慮する。

・モールは、中心の針金部分が危ないこともあるので、子どもたちが自分で使う場合は安全面に注意する。



何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?