あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

コドモコトノハ「もうすぐって、いつ?」さくたろう(4歳)

りんごの木の中で、一番大きい人たちのことを「一番組」、二番目に大きい人たちのことを「二番組」と呼んでいます。

二番組のさくたろうくん。
お母さんから「もうすぐ、さくたろうも、一番組だね」と言われました。
そのことがとてもうれしかったらしく、りんごの木に来て、いろいろな人に

「さくも、もうすぐ、いちばんぐみだって!」

と言ってまわりました。


そんなある日、保育者が「一番組の人、さきにリュックを持ってきてね」と言うと、さくたろうくんも、勇んでリュックを取りにいきました。

まわりの子たちから

「さくは、にばんぐみだろ!」「さくは、まだ!」

と言われ、泣き出してしまいました。

「おかあさんが、もうすぐ、いちばんぐみって、いったんだもん。だから、さくは、もういちばんぐみ」

「だから、それはもっとさきのことだよ」

と、一番組の子どもらがなだめますが、さくたろうくんは困りはてるばかり。

「もうすぐって、いつ?あと、なんかいねたらなの?」

泣きながら、さくたろうくんは聞きました。

それで、カレンダーを持ってきて、みんなで数えてみました。
一つ、二つ、と数えながら、一日、一日、赤いペンで丸印をつけていきます。
すると、なんとあと77回も寝たら、でした。

さくたろうくんは、目に見える形で日にちを数えたことで、ようやく納得したようでした。

「もうすぐって、まだまだなんだね」

「大人のもうすぐはね。さくが、もうすぐって言ったら、何回寝たらくらい?」

と聞くと、「あしたか、あしたのあしたかな」とのこと。


大人のもうすぐと、子どものもうすぐ、こんなにも違いました。



その他のコラム

「せんせいも、かれーすきだって。せいこといっしょだったよ」(せいこ6歳)
「ひーちゃんがほしいんだから、 はやいも、おそいも、ないのっ!」(ひろこ 5歳)
「まほうがほしい」(あさみ 5歳)
「そりゃぁ、あんまりだとおもったから」(けんじ5歳)
「こころのとびらが、しまってるの?」(あすか5歳)
コドモコトノハ「だけど、しんでる?」(しげる 5歳)
「はの、こうかん」まあれ(5さい)
「せかいじゅうの山 100m おおきな山です。」ゆうたん(5歳)
「もうすぐって、いつ?」さくたろう(4歳)
「ここに、かんらんしゃをつくるんだよ」(ありむ6歳)
「かんらんしゃ、ゆびよりちいさい」(ありむ6歳)
「なかまになったよな」
  • 専門家 青山 誠
  • 専門家 青山 誠(保育者)

横浜にある、「りんごの木」にて保育者として働く。主に4・5歳児歳クラスを担当。子どもたちからは「あおくん」と呼ばれている。

保育の傍ら、執筆にも携わる。保育エッセー「あかいボールをさがしています」で第46回「わたしの保育」(小学館)大賞を受賞。

著作に、絵本「あかいボールをさがしています」(文・青山、絵・くせさなえ/小学館)。保育実践集「こどもたちのミーティング~りんごの木の保育実践から」(柴田愛子と共著/りんごの木)

“子どもたちの声に耳を澄ませながら、日々保育を楽しんでいます。ふとした表情や、何気ない仕草、聞こえてきたつぶやき…子どもの心の声をそっとすくいとって、みなさんにお伝えできればと思っています。”

専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。