保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

4月の指導計画(月案)<3歳児・幼稚園>※ダウンロード期限あり

新・幼児と保育

4月の指導計画(月案)<3歳児・幼稚園>※ダウンロード期限あり


幼稚園の4月の月案指導計画(月案)、3歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、“新・幼児と保育”2018年4/5号ふろく「2018年度版指導計画」よりお届けします。
(※ダウンロード期限:2018年4月30日)

4月当初の子どもの姿

・興味のある遊具や目についた遊具で、自分のしたい遊びを楽しんでいる。

・保護者から離れることが不安で、泣く幼児がいる。

・保育者と手をつないだり、触れたりすることで安定する幼児がいる。

・保育者がする手あそびや紙芝居を見ることを楽しむ。

今月のねらい

・保育者に親しみを持ち、喜んで登園する。

・目についた遊具や親しみのある遊具に触れ、遊んでみようとする。

・幼稚園での生活の仕方を知る。

クラスづくりのポ イ ント

・幼児一人ひとりが幼稚園生活に慣れ、安心して自分から動き出せるように、担任はゆったりとした気持ちで保育に臨む心持ちが必要である。名前を呼ぶ、スキンシップを取る、笑顔でアイコンタクトを取るなどして、幼児が安心して動くことのできる雰囲気を作るようにする。

・「私は○○組さん!」という、学級への帰属意識を持たせるために、降園前の活動の時間を工夫し、「みんなが集まると何か楽しいことが始まる」という気持ちを持たせるようにする。

「新・幼児と保育」最新号のご購入はこちら



ダウンロード

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?