あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

【工作コラム】さわって当てよう!BOX〜素材/ダンボール箱〜

【工作コラム】さわって当てよう!BOX〜素材/ダンボール箱〜

amazonから、深めの箱が届いたので
バラエティー番組で見かける「中身当てBOX」をつくってみました。

使う素材は…「ダンボール箱」です。


エピソード

我が家の夫はamazonで買い物をするのが大好き。
毎日のように、本やよく分からないPC周りの小物が届きます。

amazonが届くと、必ずついてくるのが「箱」。
よく「家の中にそのまま山積みになっていて…」という声も聞きますがフタも付いていて、ほどよいサイズと厚みのamazonの箱は実は工作の素材として、とても使いやすいのです。

我が家では、中に紙で作った机や椅子を置いてミニチュアハウスとして遊んだり1歳の娘が乗る「ぶーぶー(車)」にすることが多いのですが
今回いつもより深めの箱が届いたので、時々バラエティー番組で見かける「中身当てBOX」をつくってみました。

材料

・ダンボール箱(今回はamazonの箱)
・排水溝キャップ(100円ショップにて購入)または布
・色画用紙


使うもの

・カッター
・ガムテープ
・両面テープ


作り方

1、20cmくらいの深さがある、ダンボール箱を使います。
今回はamazonの箱を使います。



2、箱の側面に、腕を入れる穴を開けます。反対側も同じように開けましょう。


3、排水溝キャップを2つ用意します。布でも代用できます。


4、ガムテープで排水溝キャップを2で開けた穴に内側から固定します。
布を使用する場合は、穴より一回り大きいサイズにカットし、上部のみガムテープで穴の内側に留めましょう。



5、手が入る穴ができました!排水溝キャップが中身を見えづらくします。布を使用した場合は、手を入れた時カーテンのように布がめくれます。


6.色画用紙などで、不思議なボックスに見えるようデコレーションします。
両面テープを使うと側面にもきれいに貼ることができます。これで完成!

遊び方

出題者と回答者に分かれて遊びます。
出題者は中にモノを入れて蓋を閉じます。
回答者は穴から手を入れ、感触だけで何が入っているか当てます。

今回はリモコンを入れてみます。


息子に当ててもらいましょう。
「ん!?何が入ってるの??」
「ボコボコしてるな…プチプチ?」


正解は?!
「あ!リモコンかぁ。」

★ここでポイント★

「排水溝キャップ」は見た目も面白くオススメなのですが、撥水素材で作られているため商品によっては接着しづらい場合もあります。
その場合は布で制作してみてください。



  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ