あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

コドモコトノハ「なかまになったよな」

 保育をするということ、子どもの隣にいるということは、子どもの言葉に耳を澄ませることです。
子どもの言葉といっても、いわゆる口に出された言葉に限らず、子どもたちの表情や、仕草や、持っているものなど、いろんなところに子どもの心の声があふれています。

 もちろん、わからないことも多く、そのたびに立ち止まって、またその子に耳を澄まし続けます。保育の面白さは、この、わからなさの中にあると、私は思います。
わからないからこそ、人は人を思いやることができるのではないでしょうか。

 このエッセーでは子どもたちの言葉を、一つ一つ拾ってきました。
柔らかく、つややかな葉を拾い集めるようにして。
思わず笑いがこぼれてしまうものもあれば、じっと考えさせられるものもありました。
私自身の生き方が問われるような、どきっとするものもありました。
子どもの言葉の記録はそのまま、私自身が子どもの隣にいて感じたことの記録でもあります。
今回でこのエッセーはおしまいですので、最後に大人から子どもへ贈る言葉を綴ろうと思います。

 私が勤めるりんごの木では、卒業してく子どもたち一人ひとりに歌をプレゼントします。
世界に一人しかいないその子に贈る、その子だけの歌です。
保育者が膝を突き合わせて、その子について語りあいます。
歌詞を作り、曲をつけます。音頭もあれば、ロックも、カントリーも、沖縄民謡もあります。
 
どの子の歌にも語り尽くせないほどの思い入れがありますが、ここでは、あおいくんに贈った歌の最後の一節を紹介したいと思います。

 4歳でりんごに来たばかりのころ、「りんごなんて、きらいだ!」と部屋を飛び出したこと。
友達と大げんかしながら仲間になっていったこと。
遊びが見つからない、としょげていたこともあったっけ。
リレーは絶対勝つぞ!とみんなを鼓舞していたこと。
どの場面を振り返っても、あおいくんと、かけがえのない日々を共に過ごしてきたんだなぁと感じます。

歌を作りながら、あおいくんに何か言葉を贈りたいと思いました。
たのしかったよ、ありがとう、またあおう…それらの言葉を消しゴムでごしごし消して、私は最後の歌詞を書きました。

なぁ、あおい
おれたち なかまになったよな

 子どもは「今」を生きている。
子どもの隣にいて、一人ひとりの「今」をともに生きられたこと、それが保育者である私とっての宝物です。

その他のコラム

「せんせいも、かれーすきだって。せいこといっしょだったよ」(せいこ6歳)
「ひーちゃんがほしいんだから、 はやいも、おそいも、ないのっ!」(ひろこ 5歳)
「まほうがほしい」(あさみ 5歳)
「そりゃぁ、あんまりだとおもったから」(けんじ5歳)
「こころのとびらが、しまってるの?」(あすか5歳)
コドモコトノハ「だけど、しんでる?」(しげる 5歳)
「はの、こうかん」まあれ(5さい)
「せかいじゅうの山 100m おおきな山です。」ゆうたん(5歳)
「もうすぐって、いつ?」さくたろう(4歳)
「ここに、かんらんしゃをつくるんだよ」(ありむ6歳)
「かんらんしゃ、ゆびよりちいさい」(ありむ6歳)
「なかまになったよな」
  • 専門家 青山 誠
  • 専門家 青山 誠(保育者)

横浜にある、「りんごの木」にて保育者として働く。主に4・5歳児歳クラスを担当。子どもたちからは「あおくん」と呼ばれている。

保育の傍ら、執筆にも携わる。保育エッセー「あかいボールをさがしています」で第46回「わたしの保育」(小学館)大賞を受賞。

著作に、絵本「あかいボールをさがしています」(文・青山、絵・くせさなえ/小学館)。保育実践集「こどもたちのミーティング~りんごの木の保育実践から」(柴田愛子と共著/りんごの木)

“子どもたちの声に耳を澄ませながら、日々保育を楽しんでいます。ふとした表情や、何気ない仕草、聞こえてきたつぶやき…子どもの心の声をそっとすくいとって、みなさんにお伝えできればと思っています。”

専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ