保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

\ 右上の「さがす」で検索できるよ! /

かんたんステンドグラス〜五感で遊ぼう!「見る」造形かがく遊び 第1回〜

新 幼児と保育
掲載日:2021/05/25
かんたんステンドグラス〜五感で遊ぼう!「見る」造形かがく遊び 第1回〜

子どもたちの「たのしい!」「おもしろい!」「わくわく!」「うれしい!」「びっくり!」を引き出す、造形かがく遊び。「見る(視覚)」をテーマに3回シリーズで紹介します。

第1回は、カラフルなチョウが美しい「かんたんステンドグラス」。
透明ビニールに油性マーカーで着色して窓ガラスに貼ったり、空間に吊るすときれいです。

(この記事は、『新 幼児と保育』2021年4/5月号 に掲載された連載「造形かがく遊び」を元に再構成しました)

プラン・制作/築地制作所

材料

・厚紙
・透明のビニール袋

使うもの

・はさみ
・工作用接着剤(多用途/ポリ接着が可能なもの)
・油性マーカー

作り方

1、厚紙をふたつ折りしてチョウの形に切り、幅を1cmくらい残し、内側を切り取る。

2、1の折りを広げ、工作用接着剤(多用途)を塗り、適当な大きさに切ったビニール袋を貼る(※多用途接着剤は、接着面に塗って10分程度おいてから貼りつけるものが多い)。

3、チョウの輪郭に沿ってはみ出たビニール袋を切り取る。

4、油性マーカーで模様を描く。

5、厚紙を切ってチョウの胴体を作り、羽の真ん中に工作用接着剤で貼りつける。

できあがり!


遊び方

窓ガラスに貼ったり、ひもなどで吊るしたりする。
光を透過させて映ったカラフルな影を見るのも楽しい。

やわらかいワイヤに吊るし空間に飾ると、チョウがひらひらと飛んでいるように見える。

ポイント!

色を塗るとき、最初は黄色など薄い色→だんだん濃い色へ塗っていくときれいにできる。


教えてくれた人

築地制作所( つきじせいさくしょ)
造形作家とフリーの編集者による制作ユニット。「造形と子どもの遊び」をテーマに、書籍、雑誌、ワークショップなどで活動を展開。著書に『5回で折れる! 遊べる折り紙』『すぐに作れて大満足 かんたん! 遊べる! ビックリ工作』(ともにPHP研究所)などがある。

文/神﨑 典子 撮影/茶山 浩 イラスト/とりごえ こうじ


この記事の出典  『新 幼児と保育』について

 新 幼児と保育(小学館)
保育園・幼稚園・認定こども園などの先生向けに、保育をより充実させるためのアイデアを提案する保育専門誌です。
築地制作所による「造形かがく遊び」が好評連載中!

▶公式ページはこちら 

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)